ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

見れば見るほど驚く、古典的ハイパーリアリスティック。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。

ここで紹介するのもそのうちのひとつ。しかし、リアルなだけじゃない!










というのも、作者のEmanuele Dascanioさんはレオナルド・ダ・ヴィンチの研究者であり、ルネッサンス美術を学んできた人。絵には雰囲気がムンムン。

さらに、動画で製作工程を見ると、指紋などの細部も見れば見るほど超人的に細かく描かれているのです。絵画のようでありながらも写実的。ぜひ動画を見てみて!

Licensed material used with permission by Emanuele Dascanio,(Facebook)

関連記事リンク(外部サイト)

まるで映像化!ゴッホ作品をエブルアートで再現(動画あり)
世界的に有名なポップソングのほとんどを、1人の男が作曲している
暗闇であなたを守る!スウェーデン生まれの「光るスプレー」ALBEDO100が日本に上陸

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP