ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Instagramのような写真をその場でプリントできるFujifilmの「Instax Share SP-2」はスマホにも対応!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

このほどFujifilmから発売されるポケットプリンター、Instax Share SP-2が話題だ。

従来機のShare SP-1に比べ、性能は大幅にアップし、デザインもよりシャープになった。色はゴールドとシルバーの2種類だ。

・より高性能にパワーアップ!

性能面で改善された点は主に3つ。まず、Share SP-1では16秒かかっていたプリント時間がわずか10秒に短縮され、約40パーセント早くなった。

次に解像度。従来の254dpiから最大320dpiにまで改善された。画像フォーマットは、JPEGだけでなく、PNGにも対応している。

加えて、iOSおよびAndroidのアプリ機能の充実により、従来のインスタント写真の枠を超えた表現が可能となった。

・SNSとの相性も抜群!

カスタムフィルター機能を使えば明るさや彩度を調整することができ、コラージュテンプテート機能では、一枚の写真の中に複数の画像を組み合わせることもできる。

さらにリアルタイム情報(日時・場所・天気・温度など)も画像に含めることができ、FacebookやInstagramといったSNSとの連携も容易だ。

・100枚プリントができ、物理的にシェアが可能!

他にも便利な仕掛けが施されている。電源を入れると、上面に点灯する緑のLEDライトの数で、あと何枚撮影可能かを教えてくれる。

バッテリーは充電可能なリチウムイオン電池を使用。付属のMicro USBケーブルで充電を行う。一度の充電で、約100枚のプリントが可能だ。

発売開始は7月半ば、価格は199.99ドル(約2万500円)。撮った写真がその場で配れるので、写真がより身近になること間違いなしだ。

Fujifilm’s latest pocket printer is one of the best ways to print your phone pics

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP