ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広島グルメ お好み焼きに続く新定番は汁なし担々麺

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 セ・リーグで2位とのゲーム差をどんどん広げ、首位を独走する広島カープの好調ぶりだけではなく、オバマ米大統領が訪れたなど、最近広島にアツい視線が注がれている。

 広島県内に約1700店、広島市内だけで約700店もあるというお好み焼き店。広島県人のソウルフードが、外国人観光客にも大人気になっている。店主たちが会員の「一般財団法人お好み焼アカデミー」理事の松本重訓さんが言う。

「オバマ大統領が来てからさらに欧米人のお客が増え、英語のメニュー表を配るようになりました。実は今、欧米でお好み焼きが密かなブーム。リーズナブルで、キャベツたっぷりの広島焼きはヘルシーでおいしいと評判なんです」

 そのお好み焼きと並ぶ広島グルメとして注目を集めているのが、最近人気の「汁なし担々麺」。日本での発祥の地といわれているのが、ここ広島なのだ。ラーメン評論家の本谷亜紀さんはこう絶賛する。

「中国四川省で生まれた担々麺はもともと“汁なし”でした。日本人はスープが好きだということで、汁がある担々麺が日本で普及しましたが、広島の汁なし担々麺は“より本場に近い”といえます。

 味はとにかくヤンチャ。東京だとアウトだろうというくらいの激辛まである。辛さを選べたり、店それぞれが麺にこだわっているのがいいですね」(本谷さん)

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
辛さ抑えたスープと細麺の相性抜群の京都の絶品冷やし担々麺
お好み焼き ふっくら焼くにはヘラでたたいたり、押さえたりしてはダメ
キムチ、ナポリタン、ツナコーン…でアイディアお好み焼き

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。