ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏といえばブルーハワイ!ガツンとくるハイリキザ・スペシャルにもプレミアフレーバーとして登場‼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アサヒビールは、そのまま飲めるお酒RTD(Ready to Drink)ブランド「アサヒハイリキザ・スペシャル」より、期間限定フレーバーとなる“ブルーハワイサワー”を、7月12日(火)、全国で発売スタートした。

「アサヒハイリキザ・スペシャル期間限定ブルーハワイサワー」は、アルコール度数8%。シャープな後味で飲み飽きない、ブルーハワイテイストの缶チューハイとなっている。

ブルーハワイの色合いを採用した缶体上部にはブランドロゴと「STRONG」の文字を配置。「期間限定」のアイコンと、氷がぎっしりと入ったグラスを描き、一目で甘い味わいがわかるデザインが目印。

缶体裏面には、「大人かき氷」のアレンジレシピが載っているので、ただ飲むだけではなく、そのレシピでも味わってみては?

「アサヒハイリキザ・スペシャル」は、“ほどよい甘さとシャープなキレ味”というブランドコンセプトのもと、強炭酸・高アルコール度数・力強い飲みごたえが特長。

フレーバーのほどよい甘さとしっかりとした飲みごたえを実感してみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。