ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハワイお買い物スポット超絶おすすめ10選!&お役立ち情報

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Photo credit: Kasumi Jou「Hawaiiでアクティブ&ショッピング♡女子力アップな週末旅」

こんにちは。Compathy MagazineライターのKumiです。「お買い物天国」と言われるハワイ、オアフ島でのお役立ち情報をお届けします! ハワイは昔から日本人に不動の人気を誇る観光地。風光明媚な景観もさることながら、人気のショップが勢揃いするお買い物環境によるところも大きいでしょう。
マリンリゾートを楽しみながら、ハイセンスなお買い物も可能なハワイにこれからも注目が集まるのは必須!

「お買い物天国」オアフ島!

Photo credit: Hiromi Ikeda「HONOLULU」

一口にハワイと言えど、ハワイ諸島には全部で8つの島があります。大自然や火山、アクティビティなど島にはそれぞれの魅力がありますが、目的があくまでもショッピングであれば、まちがいなくオアフ島へ直行しましょう! オアフ島はハワイの玄関口ホノルル空港のある島。一番都会的で、ハイブランドから生活雑貨まで、とにかくお店の数も一番多いんです! 
もしかして観光客のなかにはオアフ=ハワイと勘違いしてる方もいらっしゃるかも知れません。そして多くの方はワイキキ周辺のホテルへ宿泊されることと思います。まさにそのワイキキ周辺がハワイのお買い物天国なのです。もちろんオアフ島も有名ビーチが沢山あり、リゾートとショッピング両方とも楽しめますよ!
 

ワイキキのお買い物スポット

・ロイヤルハワイアンセンター
・Tギャラリアハワイ by DFS
・ワイキキビーチウォーク
・Luxury Row
・Whole Foods、Down to Earthといったオーガニック製品専門のスーパーマーケット

ワイキキのメイン通りのカラカウア通りは東京で喩えるなら、表参道のような感じ。また、オアフ島は、ワイキキの繁華街だけではなく、アラモアナセンターやカハラモール、ワードビレッジ、ワイケレプレミアムアウトレットなど大型のショッピングモールも沢山あります。
 

ワイキキ以外の大型ショッピングセンター

・アラモアナセンター
・カハラモール
・ワードビレッジ
・ワイケレプレミアムアウトレット

一番有名なアラモアナセンターはハワイ最大のショッピングセンターで、観光客はもとよりローカル御用達のお店まで様々なお店が軒を連ねています。カハラモールやワードビレッジはローカルの雰囲気を味わいたい方にはぜひオススメ! アラモアナセンターの近くには、ウォルマートやSam’s Clubといった大型スーパーもあります。
スーパーマーケットは小売店より安く購入出来るため、お土産のチョコレートやクッキーなど探してみては?

日本の半額で買えちゃう!?

Photo credit: koto「HAWAII」

旅行中の貴重な時間を費やしてのショッピング。帰国した後で日本で買うのと値段変わらず〜! なんて事態は絶対避けたいもの。でも海外では常に円安・円高など為替の変動に左右されますが、それでも日本で買うより格段に安くショッピング出来る方法があるんです。それはアメリカのブランドを買うこと! ハワイには「日本の半額の値段で買える」お得なブランドが存在します。
 

アメリカ生まれのブランド

・Tiffany(ジュエリーや時計など)
・Coach(バッグや財布)
・Kate Spade(バッグ、小物、洋服)
・Cole Haan(靴)
・アバクロ(洋服)
・アナスイ(コスメなど)

ハワイはアメリカの州の一つ! 「現地のものは現地で買え!」が鉄則です! さらにDFSで購入すれば旅行者は州税がかからない為、ローカルより安くお買い物できちゃいます。でもDFS以外でのお買い物では日本の消費税のように4.712%(オアフ島の場合)のハワイ州税が旅行者でも課税されます。
そのためハワイでのショッピングでは、これらの税を踏まえた上で本当に安いのか? を改めて考える必要があります。でも商品価格が、日本の価格の半額くらいの場合は、税を考えるまでもなくハワイで買う方が断然お得といえます。

<オアフのお買い物スポット10選>

1. アラモアナ・ショッピングセンター

Photo credit: Tkya K「サンセットを見ながら、ハワイで買い物(ファッション・美味しい物情報)」

ワイキキ・ビーチの西に広がるアラモアナ・ビーチ。ビーチ沿いにある広大なアラモアナ公園の目の前に立つアラモアナセンターには、3つのデパート、一流ブランドのブティック、日本未上陸のアメリカンブランドなど、290店舗以上の人気ショップが集結しています。ワイキキからのアクセスも、市バスやトロリーでわずか10分程度とかなり便利! 一日ではとても回りきれない広さです。
ニーマン・マーカス、メイシーズ、ノードスロームの3つのデパートをはじめ、ルイ・ヴィトンやエルメスといったハイブランドや、ハワイならではのサーフショップやアロハシャツの専門店など、ココに来ればなんでも揃っています。

アラモアナ・ショッピングセンター/Ala Moana Shopping Center
住所:1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu, HI 96814
電話番号:808-955-9517
アクセス:
ワイキキ-アラモアナ間は徒歩で約25分
タクシーやバスを利用する場合およそ10分
他にもワイキキトロリーのショッピング・シャトルも毎日運行
営業日時:月~土 9:30〜21:00・日 10:00~19:00
定休日:無休(店舗により異なります)
ホームページ:http://www.alamoanacenter.jp/amc/index.htm

2. ワイケレ・プレミアム・アウトレット

Photo credit: Tkya K「サンセットを見ながら、ハワイで買い物(ファッション・美味しい物情報)」

2015年リニューアルオープンしたばかり! カルバンクライン、コーチ、ケイトスペードニューヨーク、マイケルコース、ポロ・ラルフローレンなどを含む50以上の魅力的なブランドが入っているアウトレットです。ワイキキから車で約30分の場所にあるのでドライブ気分でお出かけしましょう。
オアフ島西部の美しい住宅街、ワイケレのゴルフコースに沿って広がっており、ゆったりとした気分でお買い物できます。各ショップはアウトレットとは思えないほど、すっきり見やすい陳列で、毎日、たくさんのアイテムが25%〜65%オフと信じられないほどお得に手に入ります。
ブランドからアメリカならではのカジュアルなおしゃれを楽しみたい方、可愛らしい子供服など家族で楽しめるのがワイケレ・プレミアム・アウトレットです。インフォメーションでVIPクーポンを手に入れて更にリーズナブルにショッピングを楽しみましょう!

ワイケレ・プレミアム・アウトレット/WAIKELE PREMIUM OUTLETS
住所:94-790 Lumiania Street, Waipahu, HI 96797
電話番号:808-676-5656
アクセス:ワイキキからシャトルバスで約30分
営業日時:月~土 9:00〜21:00・日 10:00〜18:00
定休日:無休(12/25を除きます)
ホームページ:http://www.premiumoutlets.com/outlet/waikele/

3. DFSギャラリア

Photo credit: Tkya K「サンセットを見ながら、ハワイで買い物(ファッション・美味しい物情報)」

ハワイでは沢山のお店が同じブランドを扱っています。なのでまずはここを訪れて、欲しい商品の価格をチェックするのもオススメです。ハワイには空港とワイキキに二つのDFSがあります。ワイキキのDFSは厳密な意味で免税店と言えるのは、3Fのみで、1、2Fは完全な免税ではなく、GE Tax(*)分を割引して販売しているフロアです。
3Fは「ファッション ウォッチ&ジュエリー」フロアとなっており日本でも人気のハイブランドが軒を連ねています。狙っている商品が決まっている場合、あらかじめ日本での販売価格をリサーチしておきましょう。
iPhoneなど、iOS端末をお持ちのかたは、GE Tax分お得になっている額を簡単に計算できる「ハワイツール」というアプリを利用して入念に比較検討してみてはいかがでしょうか?また、商品は帰国の際、空港での受け取りとなる為、防犯上安全です。
*GE Taxとはハワイの一般消費税(Hawaii General Excise Tax)のこと

DFSギャラリア/T GALLERIA Hawaii
住所:330 Royal Hawaiian Avenue, Honolulu
電話番号:808-931-2700
アクセス:ワイキキ・カラカウア通り
営業日時:10:00〜22:30
定休日:無休
ホームページ:https://www.dfs.com/jp/tgalleria-hawaii

4. ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター

Photo credit: Hiromi Ito「HAWAII ~Waikiki&Kailua10泊12日~」

ワイキキの中心、カラカウア通りに面した4階建てのワイキキ最大のショッピングセンター。ここはショッピングだけではなくオープンエアーのフードコート、ハワイアンカルチャーなどが充実しています。
なんと、無料でフラ、ウクレレ、 レイメイキング、ハワイアンキルト、ロミロミマッサージなど、プロの講師によるレッスンをうける事が出来、各レッスンは当日会場で申し込むだけで誰でも参加できます。また、ハワイアンミュージックとフラのライブイベントも無料!
ぜひこの機会を利用してハワイアン・カルチャーを体験してみてくださいね。しかも夜10時まで営業してますので、夕食後のお散歩にぴったりです!

ロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンター/Royal Hawaiian Shopping Center
住所:2201 Kalakaua Avenue Honolulu, HI 96815
電話番号:808- 924-4026
アクセス:ワイキキのメインストリート、カラカウア通りの海側
営業日時:10:00〜22:00
定休日:無休
ホームページ:http://jp.royalhawaiiancenter.com/

5. ワードセンターズ

Photo credit: Mayumi Tosuji「ハワイのワイキキとダウンタウンを楽しむ7日間の旅」

アラモアナから西へ少し行くと「ワードセンターズ」という巨大ショッピングスポットがあります。ワードセンターズは5つのセンターに分かれています。

・ワードビレッジショップス
最新エリア「ワードビレッジショップス」には、T.J.マックスやノードストロームラック、ピアワンインポートなどのデパートメントストアが拠点を構えています。

・ワードセンター
おなじみの「ワードセンター」ブランドシューズをアウトレット価格で購入できるフェイマスフットウェアなどの人気店を筆頭に、30店舗以上のショップが軒を連ねます。

・ワードウェアハウス
個性的なお店が多い「ワードウェアハウス」では、キッチン雑貨や生活用品など、ワイキキではお目にかかれないようなユニークなアイテムが揃っています。

・ワードゲートウェイセンター
スポーツ用品専門店のスポーツオーソリティー、ROSSドレスフォーレス、日本食マーケットのマルカイ、パタゴニアなどのショップが入っています。

・ワードエンターテイメントセンター
ゲームセンターをはじめ、ビッグシティダイナーなどのレストランやショップを併設したハワイ最新鋭のシネマコンプレックス。

その中でも特にオススメが「ワードビレッジショップス」です。オフプライス・ストア「T.J.マックス」が毎日セールをしているのでいつでもお得なお買い物が出来てしまいます!
T.J.マックスのバイヤーが、各ブランドで過剰生産された商品を直接買い付けているので、お得なプライスが実現。商品は毎週仕入れされ、シューズ、サングラス、水着、コスメ、キッチン用品、ペットグッズ、バッグ、 ベビーグッズ、おもちゃ、家具などあらゆる品が揃ってますのでご家族みんなで楽しめるお店です!

ワードセンターズ/Ward Senters
住所:1050 Ala Moana Blvd, Honolulu
電話番号:808-591-8411
アクセス:
アラモアナ大通りに沿って、アラモアナ・ビーチパークとケワロ・ボートハーバーの向い側にあり、アラモアナ・センターからは1ブロック、ワイキキからは約3.2Km
営業日時:月~土 10:00〜21:00・日 10:00〜18:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.wardcenters.com/jp/

6. カハラモール

Photo credit: Tkya K「サンセットを見ながら、ハワイで買い物(ファッション・美味しい物情報)」

ホノルル東部で唯一の、全屋内型ショッピングモールでダイヤモンドヘッドの裾野、ワイキキからも近距離の便利な場所に位置しています。涼しく心地よいモールは、家族で気軽に買物を楽しめる場所として、ローカルに人気です。
カハラモールはおしゃれでユニークなブティックや雑貨店、大型のナチュラルフード・スーパーマーケット、デパート、レストラン、大型ドラッグストア、そして映画館までをも備え、地域コミュニティの交流の場としても活躍しています。
モール内には100を超えるお店、レストラン、映画館と4つのキオスクがあり、地元ハワイの企業から世界展開するブランドショップまでが多数揃っています。

カハラモール/Kahala Mall
住所:4211 Waialae Ave, Honolulu
電話番号:808-732-7736
アクセス:ワイキキよりフリーウェイH1をワイアラエ通りEXIT 26B で下車
営業日時:月~土 10:00〜21:00・日 10:00〜18:00
定休日:無休
ホームページ:http://www.kahalamall-shops.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP