体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原駅中央改札口から2分の魔境!第2東ビルを攻略せよ!! @『MAZERU』

mazeru-sio020_R

それとなく秋葉原を制覇しつつあるガジェット通信ですが、いよいよストーリーも佳境に突入しつつあります。

ここまで色々な意味で極力“デカ盛り”を避けて来た筆者(YELLOW)ですが、そろそろドギツイ奴らしか残っていません……。

当然、この手のデンジャラスな店に編集部の人間が手を出すわけもなく、ある意味“地雷処理班”の出番で御座います。

緊急指令!『第2東ビル』を制覇せよ!

mazeru-sio018_R

先日、このビルの地下にある『村役場』&『町役場』を攻めて来た筆者ですが、このビル自体の持つポテンシャルの高さに驚いた次第です。

秋葉原駅から超至近距離にあるにも関わらず、昭和スタイルを保ったまま営業している店があるという事実……。

mazeru-sio017_R

これは大至急、攻略する必要があるのではないでしょうか?

mazeru-sio019_R

看板から階段、トイレやエレベーター、管理人の爺ちゃんも含めて文化遺産として保存すべき建物かと存じます。

汁無し二郎インスパイア『麺処 MAZERU』

mazeru-sio000_R

一応は“二郎インスパイア”と書きましたが、メニューは全て“まぜそば”すなわち汁無しな『麺処 MAZERU』(以下、MAZERU)で御座います。

数ある二郎インスパイアの中でも、汁無しってジャンルで言えば非常に評価の高い店でして、筆者的にもチョイチョイ注目していました。

『塩まぜそば』を所望する!

mazeru-sio001_R

厳密には『まぜそば』(塩)ですが書くのが面倒なので『塩まぜそば』で統一します。

ここはビジュアル的にも『肉増しまぜそば特盛(塩)』あたりを攻めると盛り上がる予感ですが、筆者の財布、及びスケジュールと相談した結果、一番ライトな『塩まぜそば』(700円)が色々とライトで素敵な予感です。

かなりの人気店で行列必須ですが、平日なら開店15分前に並んでおけばファーストロット余裕ですとも言っておきましょう。

並盛200グラム、大盛300グラム、特盛400グラムと券売機に書いてあるので、麺量的には意外と控え目な予感でしょうか?

『ラーメン二郎』の大が『MAZERU』の特盛くらいかと思われるので、エリートならば大を選んでも持て余す事はないと思います。

mazeru-sio002_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会