ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さカメラ好き、写真好きの憧れ「ライカ」と共同開発したダブルレンズカメラを搭載した、ハイエンドスマホ「HUAWEI P9」(以下、P9)の特徴をレポートします!
6月17日に発売となったP9の市場販売価格は6万円前後と、SIMフリースマホの中でも高い部類に入ります。ただそれ以上に、デザインや質感、そしてライカを冠したカメラ性能から、P9を支持するユーザーも多いようです。

 究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

P9が搭載するディスプレイは視野角の広いIPS液晶で。サイズ約5.2インチで解像度はフルHD(1080×1920ドット)です。このディスプレイは高精細でコントラストが高く、さらに発色が良いので写真観賞や動画視聴にも最適です。

5.2インチのディスプレイは、画面サイズとしては大きい方に分類されるわけですが、狭額縁設計により横幅約70.9mmと細く、厚さも約6.95mmとスリムであるため、手にフィットするサイズ感を実現しています。横幅の広いスマホやぶ厚いスマホを使っている場合、この手持ち感は素直に良いと良いと思えるのではないでしょうか。

前面のガラスは傷に強いGorillaガラスを採用し、エッジ部分を丸めた2.5D加工で柔らかい印象を受けます。

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

背面は堅牢性の高いアルミ合金製で、携帯キャリアのスマホに引けを取らない質感の高さを実現。また、上部には特徴的な2つのカメラレンズが並んでいます。

P9はカメラレンズにライカの「SUMMARIT H 1:2.2/27 ASPH」を採用。余談ですが、この表記から35mm判換算で27mm F2.2の広角レンズであることがわかります。

この2つのカメラは、色を再現するためのカラーイメージセンサーと、階調を再現するモノクロイメージセンサーの2つに役割分担させることで、ライカらしい色再現と階調再現を実現しているとのこと。

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

カメラのユーザーインターフェイスは従来のファーウェイスマホから一新し、大変使いやすくなりました。また画面表示にはライカのカメラやレンズに使われているフォントを使用し、ライカの世界感を演出しています。

モードの切り替えや設定の呼び出しはスワイプ操作で行います。撮影に必要な機能ボタン以外がなく、初心者でも使いやすいのではないでしょうか。また、カメラに詳しい人向けの機能として、イメージセンサーのデータをそのまま記録したRAWデータ(DNG形式)での保存も可能です。

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

P9はフィルムカメラのような上質な3つのカラーモードを搭載しています。「標準」のフィルムモードは、あっさり目の発色で、ポートレート撮影にも適してることでしょう。いわゆるオールドレンズのような質感となります。

風景撮影など印象的なイメージを付ける場合には「鮮明な色」がピッタリ。このフィルムモードは、絶妙な彩度とコントラストを再現しており不自然なデジタル臭さがありません。

もうひとつのフィルムモードが「ソフトな色」です。イメージとしてはあっさり目なのかと思いましたが、標準よりも彩度、コントラストが高く、鮮明な色に近い印象です。落ち着きのる雰囲気がありながら、発色が良いのでこのモードを標準として使うのも良いですね。

SNS投稿用に写真加工アプリを多用するのであれば、編集に適した標準のフィルムモードがオススメです。

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

P9のカメラで驚いたのが、スマホのカメラとは思えない高い画像解像度です。スマホの画面では不通は気付きませんが、パソコンに取り込んで大画面で確認すると細部までしっかりと描写していました。また、建物の直線もしっかりと再現されている歪みが少ないライカクオリティのレンズの優秀さを感じます。

究極のカメラスマホ!ライカレンズ搭載「HUAWEI P9」の凄さ

P9に搭載された2つのカメラは、人間の目のように視差で立体を認識することができるとのこと。これにより、撮影後にピントの位置を変えたり、一眼レフカメラのようにピントの合っている位置以外をぼかしたりすることが可能。

この機能は同じくファーウェイ製のスマホ「honor6 Plus」も搭載しており、今回のライカレンズによりさらにパワーアップしたと言えるのではないでしょうか。被写体によっては不自然に見えることもありますが、スマホの画面で楽しむならほとんど気にならないレベルです。

P9の高画質と高性能のカメラは、スマホで綺麗な写真を撮りたいと思っているユーザーにデジカメ感覚で購入するのもアリかなと思います。カメラ機能だけではなく、オクタコアCPU(HUAWEI Kirin 955)や3GBメモリー(RAM)、SIMフリースマホでは珍しいドコモのキャリアグリゲーションに対応した高速通信などコストパフォーマンスが高い点もオススメポイントです。

(文:mi2_303)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。