ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ダース・ベイダーがスクリーンに帰還

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年12月16日に公開となる、『スター・ウォーズ』伝説の原点へと続く“もう一つ”の物語『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。その場面写真が2枚公開されたと同時に、本作にはダース・ベイダーも登場することがわかった。

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』場面写真

 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)から『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(78)へと続く、今まで語られることのなかった全く新しい物語が紡がれる本作。解禁となった2枚の場面写真のうち1枚には、お馴染みのストームトルーパーの姿が写っているが、南の島を連想させる美しい海の中を歩く姿は、長年のファンとっては驚きの光景だ。大ヒットとなった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)ではスッキリとした新デザインに生まれ変わっていたが、本作ではオリジナルに近いデザインとなっている。

 そしてもう1枚は、美しいビーチに猛攻撃を仕掛ける為に上陸した、黒いボディのデス・トルーパー。彼らデス・トルーパーは、ダース・ベイダーの部下でありながらダース・ベイダーを常に出し抜こうとする野心的な悪人オーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)が率いる兵士だという。ダース・ベイダーを彷彿とさせる姿だが、本作にはそのダース・ベイダーも登場。「もうスクリーンで会うことが出来ない……」と諦めかけていたダース・ベイダーの登場を喜んでいるのは世界中の観客だけではなく、本作の監督ギャレス・エドワーズは、撮影中ダース・ベイダーと初めて対面した際「情報セキュリティの関係上、本当はいけないことなんだけど自分を抑えられなくて……ケータイのカメラで写真を撮りまくってしまったよ」と話している。

 主演の座を射止めたのは『博士と彼女のセオリー』(14)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ最新作『インフェルノ』(13)でもヒロインを演じた女優、フェリシティ・ジョーンズ。物語は彼女が演じる主人公ジン・アーソを中心に描かれている。15才の時からたった1人で生きてきたジンは、書類の偽造や盗品所持、暴行、傷害を起こし、無謀で攻撃的で自制心に欠ける“やんちゃなヒロイン”。彼女は反乱軍の仲間と共に、帝国軍(悪)の究極の兵器“デス・スター”の設計図を入手する決死のミッションに挑む。

 エピソード4でレイア姫がR2-D2に託した“設計図”がいかにして入手されたのか、ファンにとっては長年の疑問に対する答えが、そして壮大な『スター・ウォーズ』シリーズに躊躇してしまっていたビギナーには伝説の入り口となる作品として、本作は大きな役割を果たすことになる。

(C)Lucasfilm 2016

◎映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)全国ロードショー
監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

関連記事リンク(外部サイト)

『スター・ウォーズ』伝説最新作の映像が全世界一斉公開 ヒロインは美人なのに“やんちゃ女子”
『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』撮影開始、新キャスト発表
『スター・ウォーズ』おねだりが可愛すぎるBB-8と孤独なヒロインの出会いシーン解禁「ウェーーーーーーーイ!!」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP