ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地野菜と味わう武蔵村山名物「村山かてうどん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月11日放送の「歴史の道歩き旅」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、東大和~青梅~奥多摩までの青梅街道を歩きながら平安時代の豪族の伝説を解き明かす旅を特集。女優の秋野暢子さんが「お食事処・青柳」(東京都武蔵村山市)を訪れた。

国産地粉を使った手打ちうどんが味わえる同店で秋野さんが頂いたのは看板メニューの「肉汁ざるうどん」。
江戸時代から武蔵村山周辺で食べられてきた伝統食である「村山かてうどん」は、赤小麦の表皮が入ったほんのり茶色く小麦粉本来の風味が強い地粉を使い、冷水で締めてコシを出し、温かい醤油味のつゆにつけて頂くスタイル。「かてうどん」の「かて」とは小松菜やほうれん草などの地野菜をうどんに添えて食べることを指すという。
食した秋野さんは「すごいコシがあって、喉ごしがいいですね!」とコメント。ツルツル、カメカメと縁起が良いので昔は結婚式のあとに食べられたりもしていたよう。栄養が偏らないように添えられた地野菜でバランスもよくお腹いっぱいになるボリューム満点の一品だ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:御食事処青柳(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:立川のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:立川×和食のお店一覧
暑い日こそ食べたくなる辛さ!「カラシビ味噌らー麺」
老舗とんかつ屋の「かつ丼」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP