ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

23000mAh、スマホ10回分充電可能な小型モバイルチャージャー「CanX」はUSB-Cやコンセントにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

電子デバイスの充電に便利そうな、世界最小&最軽量クラスのパワフルなポータブルチャージャー「CanX」が、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中だ。

・軽くてコンパクトなのに、23000mAhのパワフルさ

チャージャーのサイズは、149x69x69ミリメートル、重さは約567グラム。

本体には高速充電仕様のUSBポート(2.4アンペア)、USB-C(3アンペア)ポートのほか、電源プラグを差し込むコンセントまでついている。

放電容量は23000mAhの大容量タイプで、ノートPC2回分、タブレット4回分、スマートフォン10回分を充電することが可能なパワフルさだ。LEDインジケータが充電状態を教えてくれる。

・コンセントがついているので家電も使える

なんとこのチャージャーにはコンセントもついているが、対応しているのはアメリカ、イギリス、EUのプラグのみ。残念ながら日本仕様に対応していないので、変圧器を用いる必要がある。

これ1つでさまざまなデバイスの充電に使えるパワフルさなのに、ポータブルなデザインなので、キャンプやハイキングなどのアウトドア、フェスティバルなどの行楽、旅行や出張などのときに大活躍してくれそうだ。

・目標金額の2倍超を集める人気ぶり

目標金額2万ドルに対し、早くも2倍以上の資金を集める人気ぶり。早期予約価格は市場予価190ドルの40%オフとなる109ドル(約1万1000円)+配送料金というオトクさ。順調にいけば今年の11月に提供開始を予定している。

CanX

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。