ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鳩山・安倍…戦後の歴代総理大臣 33人中13人が親戚だった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年、日本社会には大きな変化が起きている。それは、権力の中枢が「名家・名門」に回帰していることだ。政界では安倍政権の要職を「政治家一族」で占め、財界では大企業のトップが次々、「創業家一族」に戻っている。いったい何が起きているのか──。

 政界の3大名門といえば、「安倍(岸)家」、「麻生家」、そして「鳩山家」だ。安倍晋三・首相と麻生太郎・副総理が縁戚にあたることは、世間にはなじみがなくても政界ではよく知られている。だが、安倍政権を支える岸田文雄・外相や宮沢洋一・前経産相(現自民党税調会長)まで結ばれ、実は政敵の鳩山家とも親戚だと聞けば驚く人は少なくないはずだ。

 安倍家と麻生家の両家を軸に系図を辿ると、吉田茂、鳩山一郎をはじめ、岸信介、池田勇人、佐藤栄作、三木武夫、鈴木善幸、宮沢喜一、細川護煕、橋本龍太郎、鳩山由紀夫と、戦後の総理大臣のうち13人が繋がり、まさに日本政界のエスタブリッシュメント(支配階級)を構成する閨閥が構成されている。

 この閨閥は皇室ともつながり、住友財閥、森コンツェルン(昭和電工)、日産コンツェルン(日産自動車)など多くの財界人、外交官、高級官僚、軍人を輩出してきたのだ。

◆吉田茂で繋がる

 まず両家のルーツから辿っていこう。安倍家は平安時代末、「前九年の役」で源頼義に敗れた安倍貞任の末裔を名乗っており、安倍首相自身、岩手県を遊説した際、「安倍貞任の末裔が私となっている。ルーツは岩手県。その岩手県に帰ってきた」と演説したことがある。安倍家は長州の大庄屋(造り酒屋)を務めた家系だが、華麗なる閨閥を誇るのは岸信介、佐藤栄作の兄弟宰相を生んだ母方の佐藤・岸家だ。

 岸家は長州藩の郡代官の家柄、佐藤家の祖・信寛は吉田松陰の兵学の師で明治維新後は島根県令(知事)などを務めた。両家は婚姻や養子縁組を繰り返して結びつき、戦前、「満州国の二キ三スケ」と呼ばれた岸信介、松岡洋右(満鉄総裁、外相)、鮎川義介(満州重工業=日産コンツェルン総帥)の2人の“スケ”は婚姻で結ばれている(二キは東条英機、星野直樹)。さらに佐藤栄作の次男・信二の夫人を通じて美智子皇后の実家の正田家や住友本家、森コンツェルン、三木武夫に辿ることができる。

 佐藤・岸家と麻生家の繋がりは、岸信介の従兄弟の夫人が吉田茂の長女で、すなわち麻生副総理の伯母である。

◆「ライバル」から「家族」に

 麻生家も閨閥の華麗さでは安倍家に勝るとも劣らない。現在に引き継がれる日本のエスタブリッシュメントは、明治の薩長藩閥政府の時代に原型が形作られたといわれる。

 安倍首相が長州閥なら、麻生副総理の母方の高祖父は薩摩閥の重鎮・大久保利通だ。父方の麻生家は代々、筑豊の庄屋の家系で、曾祖父の太吉は「炭鉱王」と呼ばれた。麻生氏の祖母は旧華族の加納子爵家の出身で、橋本龍太郎夫人は「またいとこ」にあたる。

 さらに麻生氏の妹は三笠宮寬仁親王に嫁いでおり、三笠宮家を通じて細川家、近衛家と親戚になる。また、夫人の父は鈴木善幸。この鈴木家は宮沢家、岸田家と親戚にあたり、宮沢家からはブリヂストン創業家の石橋家、そして政界の名門・鳩山家や池田勇人に連なる。

 かつて吉田茂と鳩山一郎が政界のライバル関係にあった時代、吉田は炭鉱王の麻生家に娘を嫁がせてスポンサーを得たし、鳩山は長男の嫁にブリヂストン創業家の石橋家の娘を迎えて資金力をつけた。

 この頃はまだ両家は親戚ではなかった。その後、政略結婚などによって名門は複雑な閨閥でつながった。それから半世紀、麻生内閣を鳩山家が倒し、その鳩山家が作った民主党政権を安倍家が倒して政権を取り戻した。この時、すでに3家は親戚になっていた。

 登場する13人の総理の在任期間を合わせると40年を超える。現役の政治家や財界人の顔ぶれを並べれば、内閣や経団連執行部を構成できそうだ。1つのビッグファミリー(閨閥)が戦後史の半分以上、そしていまなおこの国の政治を支配し続け、政権交代を賭けた権力闘争さえ、同じ閨閥内で行なわれている。それがこの国の権力構造なのである。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
安部首相ウェブマガジンから44本の記事を厳選・再録した本
専門家37人選考 ポスト安倍に谷垣禎一、麻生太郎、菅義偉氏
安倍首相の別荘 招待者の最大の特典は母・洋子さんとの同席

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。