ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レビュー】視野角がとても広い!スマホVRHMD『HOMiDO』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手持ちのスマートフォンで手軽にVR体験を楽しめるモバイルVR。しかし、Amazonで検索をかけるとあまりにも多くの種類のモバイルVR用デバイスが見られ、どれを買ったらいいか分からないと思います。

参考までにMogura VR編集部では全てのデバイスを実際に検証し、一つ一つレビューしていきます。

第6回は『HOMiDO』。今まで紹介したスマホVRHMDの中でも頭ひとつ抜けている価格(9,720円)です。果たして価格に対する期待に応えてくれるのでしょうか。さっそくレビューしていきます。

ヘッドバンドのついたヘッドマウントディスプレイ(HMD)なので、手で支えなくてもVR体験が可能になっています。

なお、今回のレビューでは、スマートフォンは「Xperia Z5 Premium」、イヤホンはソニーの「MDR-NWNC33」を使用しました。また、執筆者の視力は0.01の近視です。

HOMiDOの特徴

視野角を売りにしている製品なだけあって、視野角に関わる部分には相当力が入っています。

それがこちらのレンズです。

フランス製のカスタムレンズだと謳われています。なお、レンズは写真のように、目の側に平らな面がくるようにレンズのアダプタにはめこみましょう。

そして、このレンズのアダプタにも気合がはいっています。

左から、近視用、通常の視力の人用、遠視用と、三段階で調節することができます。

メガネの使用ができない代わりに、レンズアダプタにて視力に応じた調整が行えるようになっています。実際、近視の執筆者が通常の視力の人用のアダプタを試したところ、ぼやけていたものが、近視用のアダプタに代えると、くっきり、クリアに見ることができました。

IPD(瞳孔間距離)の調整、ピントの調整は共に可能です。

ヘッドバンドの形は、頭を横に一周するものが一番最初製品にくっついています。製品に付属のヘッドバンドを自分でくっつけることによって、頭の頂点を通る半周するバンドを追加することができます。

HOMiDOの優れている点

なんといっても視野角がとても広いです。また、視野に映る像は、スマートフォンの2眼状態の画面のコンテンツが映っているところだけが映し出されています。スマートフォンの画面をただ拡大しただけ、なんてことはありません。

また、左右に視線をやっても、スクリーンの端のように画面が途切れていることはありません。スクリーンを見ているかのような感覚を覚えて没入感が妨げられることはないでしょう。

また、スマホ用VRアプリの多くは、スマホを操作し、2眼表示の状態にしてからVRHMDに差し込みます。そのため、スマホをHMD前面に装着しやすいものがよいです。

その点、この製品は上写真のように、スマートフォンを上からぐいと押し込むだけで装着することが可能なので、とても素早く装着することが可能です。

また、写真のように、HMDをかぶったあとでも、鼻のところからスマートフォンをタップすることができるようになっています。

HOMiDOの悪い点

HOMiDO最大の欠点は、光の漏れが多いことです。

まず、『HOMiDOの優れている点』で取りあげた、スマートフォンをタップするためにもうけられた鼻のところの大きな鼻ですが、当然、ここから光が漏れてしまいます。


そして、ヘッドバンドの装着部の位置の問題により、明るい空間では、ヘッドバンドとHMD本体の継ぎ目から光が漏れてきます。

ただし、これはよっぽど外の光が強くないとそこまで気にならない光の漏れでした(写真でも蛍光灯をあてています)

けれども、横を向いたり、色々と頭が動き回る中で、部屋の照明とこの小さな穴が上手く組み合わさって、HMD内部に光が漏れ、没入感を削いでしまう事態が今回のレビューでありました。部屋を暗くするなどの工夫が必要かもしれません。

また、顔と密着するスポンジ部分が薄く10分ほどの使用でも痛いと感じることです。ヘッドバンドの締め具合は丁度よかったので、スポンジの厚みが足りていないと思われます。

HOMiDOの総評

今までレビューで取り上げたスマホVRデバイスの中では一番視野角において優れた性能を発揮していました。
GearVRを使うことのできないスマートフォンで優れたVR体験をしたい場合には、まず一番に候補にあがってもよいと思うくらいにオススメできます。

しかし、値段がやや高くなっていますので注意が必要です。

デバイス名:HOMiDO
メーカー:HOMiDO社
価格:9720円(7/9現在)
視野角:100°
IPD調整:可
眼鏡の使用:不可
対応スマホ:4~5.7インチのスマートフォン
良い点:視野角がとても広い
悪い点:光の漏れが気になる、価格がスマホVRHMDにしては高価な部類

カテゴリー : エンタメ タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP