ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

前駆陣痛は赤ちゃんとの「秘密特訓」!夫のひと言で辛い気持ちが吹っ飛んだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

37週頃から、毎晩のように前駆陣痛に苦しむようになりました。

張っているような、痛いような、でも続かない前駆陣痛。なかなか眠りにつけず、体力的にも辛くなって来た時に夫が私に言ったことが今でも忘れられません。

前駆陣痛とは、本陣痛につながらない不規則な張りや痛みのことです。

医学的には「偽陣痛」と呼ばれているらしいですが、初産だと本陣痛との違いが判らず、痛みと共に不安も襲ってきます。特に正期産の37週を超えてくると、「今日かも」という気持ちは常に頭の片隅にありますので、張りや痛みに敏感になってしまい、精神的にも前駆陣痛がとても辛くなってしまいます。 関連記事:「あれ、これ、産まれる!?」と思ったら。フライング前駆陣痛に一喜一憂 by たら実

私の場合は2週間、前駆陣痛に悩まされました。

痛い、張ってる、でも規則的ではない。陣痛アプリで痛みの感覚を計ると、

10分、12分…30分あいて15分…

全く規則的ではないけど、チクチクのような、張ってるような痛みがどうしても気になって、深夜まで寝付けずに間隔を計り続ける日々でした。

もちろん、産院にも相談しました。尿漏れなのか、高位破水なのかも判断ができないので、深夜に産院に2度ほどかけこみましたが、破水でもなく、お産の兆候もなく、とんぼ返りでした。

39週も間近になった頃、夜もほとんど眠れずに、かなり憔悴していた私に夫が言いました。

「多分、お腹の赤ちゃんがさ、いきなり陣痛が来たらママがびっくりすると思って、

少しずつ少しずつ痛くしてくれてるんだよ。自分が生まれるときに、ママが少しでも辛くないようにって思ってさ。だから、きっと優しい子だよ。頑張ろう。」

この言葉で、今まで辛くて苦しんでいた気持ちがどこかに吹っ飛んでしまいました。

ただの気持ちの問題だけど、本当に心が軽くなりました。

妊娠中、「早く生まれないかな~楽しみだな~」と思ってた気持ちが、近づくにつれてだんだん不安になり、怖いと思っていました。何より、わからないことが怖かったんだと思います。でも、「赤ちゃんと一緒なんだ。頑張ろう。」と気づかせてくれたのは、なーんにもわからない夫でした。

結局生まれてきたのは予定日より6日早い日でした。

朝、12分間隔(本当に規則的!)から始まり、9時の診察開始で産院に行き、すぐに破水しそのまま入院。

18時間後にやっと娘と会えました。

経験したらわかりますが、前駆陣痛と本陣痛は月とスッポンくらい痛みが違います。

本陣痛に耐え、娘と会えたのは、2週間の前駆陣痛と言う名の「秘密特訓」があったからかな、と思います。

ちなみに、おそらく、夫はこのセリフを全く覚えていないと思います。

でも不安でたまらなかった私にとって、この言葉は一生忘れられないものとなりました。 関連記事:鼻にスイカ?タイキック!?陣痛、本当に乗り切れる? 産婦人科医きゅー先生の本当に伝えたいこと

著者:coco

年齢:31歳

子どもの年齢:1歳11か月

三人と一匹家族のママです。おいしいもの大好きだから料理好き。かわいいもの大好きだから裁縫好き。最近の娘の口癖は「おいしそう~」と「かわいいねえ」です。毎日てんやわんやですが、楽しくやってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

前駆陣痛
陣痛が来なくてストレス
痛みで4日間も眠れない…これは陣痛?病院に行くべきか、耐えるべきなのか?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP