体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外な妙味! コリアンタウン鶴橋の隠れ名物「キムチサンド」を食べに行く【大阪】

意外な妙味! コリアンタウン鶴橋の隠れ名物「キムチサンド」を食べに行く【大阪】 f:id:Meshi2_IB:20160617083243j:plain

東京から大阪へ引っ越してきて以来、大阪の持つエネルギッシュな文化に圧倒され通しだが、とりわけ初めて鶴橋駅に降り立った時の衝撃は忘れられない。

西日本最大のコリアンタウンとして全国的にも有名な鶴橋。駅を起点にまるで迷路のごとく入り組んで広がるアーケード街の両脇に韓国食材店や焼肉店がひしめく様には有無を言わせぬ迫力がある。

その中にはホルモン焼きの名店も多数存在し、多くの肉マニアたちをうならせている。戦後の闇市を起源に大きく発展し、日本の焼肉文化をけん引してきたといっても過言ではない町が鶴橋なのである。

鶴橋が生んだ異種格闘グルメ「キムチサンド」

駅前のアーケード街にはキムチをはじめとした韓国食材を売るお店が立ち並び、観光客の姿も多く見受けられる。

f:id:Meshi2_IB:20160617083041j:plain

右から左から「美味しいキムチあるよ!」「試食していってー!」と活気あふれる声が飛び交う。

f:id:Meshi2_IB:20160617083049j:plain

そんなアーケードの一角に純喫茶然とした佇まいの「珈琲館 ロックヴィラ」というお店がある。

f:id:Meshi2_IB:20160617083100j:plain

実はこちら、鶴橋の隠れた名物グルメ「キムチサンド」を出すお店として有名なのだ。

看板にも「特製キムチサンド」の文字が。

f:id:Meshi2_IB:20160617083110j:plain

「キムチサンド? それは一体どんなものよ?」と思う方が多いであろう。その気持ちは私も一緒である。それを確かめにここにやってきたのである。呼吸を整え、お店のドアを開いた。

落ち着いた色調の内装とは裏腹に「いらっしゃーい!」と威勢良く出迎えられて驚く。

f:id:Meshi2_IB:20160617083122j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。