ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

第17回 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』スザンヌ・トッド

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
第17回 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』スザンヌ・トッド

映画情報連載「続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい!」の17回目は、前回のジェームズ・ボビン監督に続いて、現在大ヒット公開中の映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の剛腕プロデューサー、スザンヌ・トッド氏を直撃取材! 製作過程で大変だったことは「全部(笑)!」と語るトッド氏だが、格段に進歩する技術と比例するように映画人としてのクオリティーを高めたい欲求も上がり、壮大な”時間の旅”を経てしまった模様。それだけに主人公アリスのように、過去に戻って何か変えたいこともあったのか……。

――前作は鬼のようにヒットしたと思いますが、どのようにして今作の方針が決まりましたか?
 
1作目があれほど大成功を収めたけれど、誰も続編をやることを計画していなかったの。それで単に続編をやるのではなくて、やるだけの価値があると感じられるストーリーを決めるために、すごく長い時間がかかったのよ。そしてまた、ルイス・キャロルから”取ったもの”を作ることに時間がかかったわ。なぜなら「鏡の国のアリス」には、ストーリーラインがなかったからよ。チェスの試合についての8章だから。とてもエンターテインメントだけれど、三幕構成の映画のために、そこから引き出せるものは何もなかったわ。

――今回、おどろおどろしい精神病棟とか、現実世界の描写がよかったとう声も出ていますね。
 
あの時代、医者が彼女を看た場合、社会的に考えても、あのような事態になったはずなの。だから、その当時の現実を見せたのよ。女性に対して、そういう見方をしていた時代よね。そこから進歩した、したいという意味も込めて、あえて撮ったシーンなのよ。

――全工程のなかで、もっとも難航した作業は何でしたか?
 
全部よ(笑)! もちろん、理由があるの。まず、キャストをすべて戻すこと、このスケジューリングがひどく大変だったわ。撮影自体もブルースクリーンを多用して大がかりなセットを組み、ビジュアルエフェクトのシーンではものすごく複雑な撮影をしなくてはいけなかったので、時間がかかったわ。ポスト・プロダクションでは、ビジュアルエフェクトのショットが2,000もあって(笑)。毎日作業して、18か月。1年半もかかったのよ。

――気が遠くなりますな(笑)。ところで今回のアリスのように、過去に戻って現在の何かを変えたいと思いますか?
 
自分の子どもたちには、それほど過去に囚われないように、そういうことはマイナスだと言っている手前、あえて戻りたいとは思わないわ(笑)。反対に、戻れないからこそ、いろいろな教訓を得るので、何も変えないでいいわ。

――まさしく、今回の映画のテーマを実践しておるわけですな!
 
過去のことに囚われているということは、いまの自分がそれだけのエネルギーを使ってしまうということを意味するの。過去に起きたことは起きてしまったことなので、それを変えることは無理よね。変えたいと思うよりも時間がいかに大切かということを知れば、1日5分でも過去に囚われると、それが無益な時間ということがわかる。大事なことだと思うので、良い時間の使い方を考えたほうがいいわ。

――さて、この映画ですが、友だちが一人もいない人には、どうすすめていただけますか?
 
実はアリス自身、孤独感を味わっている子なのよね。母親とも衝突するし、社会にもうまく入っていけない。自分がユニーク過ぎて、ほかの人たちと同じようにはならないの。だから、いつも葛藤があるでしょう? それこそそういう人たちは、楽しめると思うわ!

(取材・文/鴇田崇)

<STORY>
ティム・バートン、ジョニー・デップをはじめ、豪華スタッフ・キャストが集結した、『アリス・イン・ワンダーランド』の”はじまり”の物語。
悲しい過去に心を奪われ、帰らぬ家族を待ち続けるマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険を描くファンタジー・アドベンチャー。彼女を待ち受けるのは、秘められた真実と、時の番人”タイム”との戦い…。はたして、運命に逆らい、過去を変えることはできるのか?
全世界を魅了したあの「アリス・イン・ワンダーランド」のチェシャ猫たちや”赤”と”白”の女王も再結集。彼女たちの幼年期の驚くべき<秘密>も明らかになる。

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』は、大ヒット上映中!
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

■関連記事
第16回 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ジェームズ・ボビン監督
第15回 カナダ人夫婦YouTuber サイモン&マルティナ
第14回 『スポットライト 世紀のスクープ』レイチェル・マクアダムス インタビュー

BOOKSTANDの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。