ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

二重アゴになってない?たるみをすっきりさせる簡単エクササイズ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。気づかないうちに進んでいる、アゴのたるみ。横から自分の顔を見る機会はあまりないですから、シルエットの変化に気づきにくい所かもしれません。今回は、日常的にできて二重アゴを防止するエクササイズ・セルフケアをご紹介致します。

舌の出し入れ

舌を思い切り出してみましょう。その時アゴに手を当てると、凹んでいることが分かるでしょうか。舌の付け根はアゴにあるので、舌を大きく動かすことで、アゴのたるみを予防するのです。

舌の吸い上げ

舌先を上の前歯の裏の付け根につけ、舌全体を上アゴに吸い付けるようにします。これも舌を持ち上げるので、アゴのたるみをすっきりさせます。

アゴ・喉のストレッチ

鎖骨の下に両手の平を重ねて乗せ、皮膚を下げるようにしながら、上を向きます。アゴや喉のストレッチ感を感じながら『イ』『ウ』の口を交互に繰り返します。首の筋肉のこわばりを取ることで、弾力を取り戻し、たるみを防ぎます。

アゴのラインのリンパマッサージ

両手の人差し指と中指をカギ型に曲げて、アゴにセットします。アゴの先端からエラに向かって、指を滑らせます。アゴ周りの老廃物をリンパ節へとすっきり流します。

おわりに

いかがでしたか?顔のエクササイズは、他の全身と違って手が届きやすく、気軽に続けられる所もポイントです。マスクをすれば、外出先でもこっそりできてしまいます。ぜひお試し下さいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

バカンスに必須!老けないために持って行きたい必需品5選
ベトつく夏はオイルよりジェル!自分のための手作りアロマで、さらさらなのに保湿しっかり♪
【たった1分の習慣がカラダを変える!美脚編】1分間足指エクササイズで美脚、美姿勢、美肌も!
虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。
【動画つき】フェイシャルヨガでほうれい線消し!~“お”の口からできるエクササイズ~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP