ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3人目にして念願の女児が誕生!男の子と女の子ってこんなに違うものなのね

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの性別についての話題はデリケートなもの。

だから、あまり大っぴらに人には話せませんが…。

昔から私の妄想に出てくる我が子は、いつも女の子。

可愛い洋服を着せて髪を結んでおしゃれを楽しんだり、いくつになっても母親と仲良くお出かけをしたり、大人になれば恋愛などの悩みを相談したり…。

娘としたいことで夢がいっぱい!“やんちゃな男の子を育てるなんて、私には絶対に無理!”とまで思っていたほどです。

そんな私が初めて妊娠。

“女の子しかありえない!”と思っていたことが嘘のように、“健康であれば男の子でも女の子でもどちらでも良い”と思えるようになっていました。

そして結果…無事に男の子を出産。初めての我が子は、ただただ可愛い!妊娠前に想像していた苦手な男の子だから…ということもなく、楽しく育児をしていました。 関連記事:赤ちゃんの性別、やっぱり気になる!何週で分かる?何が見えた?

月日は経ち…二人目を妊娠。

「今度は女の子を産みたい!」と、いつしか強く思うように。

ずっと憧れていた女の子への期待が、再び湧き上がってきました。

妊娠7ヶ月になり、性別が判明。「男の子ですね」という医師の言葉に、思わず涙がこぼれそうに…。

“いつの間にか、お腹の中の赤ちゃんの健康よりも性別を優先してしまっていた…”、そんな自分自身への嫌悪感でいっぱいでした。

その日から、前向きになろうと頑張りました。

でも同時に、“もしかしたら女の子かも”と、出産するギリギリまで期待を持ち続け…。

そして、いざ二人目を出産。やっぱり男の子。

でも不思議と、今までの自分のモヤモヤした気持ちが、きれいさっぱりなくなりました。“この子がいないなんて考えられない!”心からそう思えたのです。

二人の兄弟を育てて、私には男の子の育児が合っているなぁと、しみじみ思うように。

わが家の兄弟はとても活発で、“母は体力勝負!”とまさにその通り。この二人の兄弟で良かったと満足していました。

しかし、三人兄弟を希望する主人と議論の末、三人目を迎えよう!と決心。

この時には、女の子への期待はもう一切ありませんでした。次も男の子だと本気で思っていたからです。

無事に三人目を妊娠する事ができ、7ヶ月に入った頃。「次は女の子ですね」と、医師から告げられました。

予想外のことに驚き、診察台の上で思わず絶叫してしまったほど。

女の子への期待は全くなく、三人兄弟の母になる覚悟は完璧だったのに…。それまで心の奥にしまっていた、まだ見ぬ娘への期待が一気に溢れ出してきました。

娘が産まれる前に多少おしとやかな母にならなければ!と、無駄な努力もしてみました(笑)。

そして、待望の娘を出産。

実際に産んでみて驚きました!息子と娘との違い。

まだ赤ちゃんなのに、男の子と女の子はこうも違うものかと。

もちろん個人差があるでしょうが、抱っこした時のやわらかさ、繊細な泣き声、なんとも愛らしい表情…。

少し成長すると興味を示す物の違い、動き方、人に対する接し方の違い…。

1才5ヶ月になった娘は、家族みんなのお姫様。可愛い洋服を着せたり、手を繋いでのんびり歩いたり、妄想していた事を実行しては幸せ気分に浸っています。

子どもが3人になると、育児の大変さも3倍増かと思っていました。

でも、実際には娘が癒やしとなり、息子たちの想像を超える行動にもめげずに対応できるように。

娘を迎えたことで、家族みんなの心が和んでいることは間違いありません。

最後に…男の子でも女の子でも性別に関係なく、わが子はたまらなく可愛いもの。

大切なお子さんにたっぷり愛情を注いであげて下さいね! 関連記事:2人目の性別はお財布的にも切実…のはずが!いざ女児と分かって新たな扉が開く by うだひろえ

著者:桜

年齢:37歳

子どもの年齢:7歳、5歳、1歳

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

誰も頼れないと思っていたのに…我が家は「チーム4人組」と気づいた第2子出産
初孫フィーバーの姑がお風呂で仰天行動!将来、絶対あんな風になりたくない…!
人生の大先輩・90歳のおばあちゃんがかけてくれた言葉。妊娠中の不安な心の支えに

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP