ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美食大国イタリアらしい食べ物のお花畑の絶景「カステッルッチョ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo Credit : Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

こんにちは! イタリア在住Compathy MagazineライターのEdicolanteです。
今回はイタリア中部、マルケ州とウンブリア州の境を旅して出会うことのできた絶景を、いくつか写真とともにご紹介します。

今回の旅の目的は「お花畑を見ること!」

Photo Credit : Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

2015年6月、マルケ州の友人たちに会いに行く約束をしました。友人に何がしたいか訊かれたとき、「辺り一面のひまわり畑を見てみたい」とリクエスト。なぜなら、イタリア映画『踊れ!トスカーナ』やダイアン・レイン主演の『トスカーナの休日』を観て、私はずっとイタリアの一面のひまわり畑に憧れていたからです。

トスカーナやウンブリアの平野で見るひまわりの開花時期は6月頃ですが、彼らが連れて行ってくれた場所は、冬はスキー客で賑わうほど標高が高いため、ひまわりの花を見るには、残念ながら時期が早すぎました。

しかし彼らは、私へのサプライズを考え、彼らさえもまだ見たことがない絶景がこの時期に見れるかも知れないと期待していたのです。マルケ州のヴィッソ(Visso)という村を観光し、ウンブリア州方面へ車を走らせると、そこには彼らが期待していた通りの夢のような景色が!

他の場所では絶対に見られない、カラフルなお花畑の絶景!

目の前には一面のカラフルなお花畑の絶景 !赤はヒナゲシの花、白はこの村の特産であるレンティッキエ(レンズ豆)の花です。私が気にったのは青色のヤグルマギク(fiordaliso)という花。7月中旬には全面ブルーになるそうです。

私が行った7月始めは、このように色のグラデーションが素敵で、様々な色のパッチワークのようでした。1ヶ月前の6月始めは全面黄色だったそうです。無農薬で作られるのでマーガレット、タンポポ、スミレなどの野草も咲き乱れます。

他の場所では絶対に見られない、いや、植えられる植物の場所が毎年変わるので、同じ場所でもこの同じ景色は二度と見られないのです。

Photo Credit :Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

カステッルッチョってどこにあるの?

カステッルッチョ・ディ・ノルチャ(Castelluccio di Norcia)は中部イタリアのウンブリア州にある小さな村で、マルケ州との境にある高原地帯です。シビッリーニ国立公園内にあります。そこには宿泊施設もありますが、このお花畑が見られる時期は一年前でも予約が取れないほど人気なんだそう。

そしてイタリアの地形をした森も面白いので、ぜひ注目してみてください。

Photo Credit :Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

この地名はあまり知られていませんが、ノルチャ(Norcia)は、観光地にもなっていて、ベネディクト修道会創設者である聖ベネディクトゥス(ヌルシアのベネディクトゥス)の出身地としても知られています。

また、美食の街としても愛され、ノルチネリーア(Norcineria)と呼ばれる、ハムやサラミなどの食材を売るお肉屋さんの語源はこのノルチャの街からきているほど。ローマなどで“ノルチネリーア”という看板が出ているお店なら、ノルチャで厳選された美味しいものが手に入れられますよ。

Photo Credit :Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

レンティッキエをお土産に

私はカステッルッチョの農家のお店で、レンズ豆など食べたことのない珍しい豆類をお土産に買いました。レンズ豆とサルシッチャというソーセージやザンポーネ(豚足)のトマトの煮込みなどは、年末の特別な料理。レンズ豆は昔のお金に形が似ていることから、お金持ちになれる、福がやってくると言われています。

その他には、ペコリーノ(羊のチーズ)やトリュフも名産。まさに食のパラダイスです!

Photo Credit :Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

注意とアドバイス

お花畑は観賞用ではなく、あくまでも食物栽培です。お花畑内には細い糸が張られていて、進入禁止になってるのでご注意ください。満開時の週末は、お花畑を見るための渋滞が予想されます。ノルチャのカステッルッチョ村は標高1500mです。天気が悪いと肌寒いので長袖の上着も用意してください。

平常ならローマから車で3時間ほどですが、この地方は、食や美術などお楽しみが多いので、周辺の小さな街観光と組み合わせて、思い出に残る自分だけの旅作りをしてみてはいかがでしょうか。

Photo Credit :Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」

文・写真: Edicolante

Compathyで関連旅行記を見る

*Edicolante「国立公園内の宝石のようなイタリア マルケ州のシビッリーニ国立公園の小さな村 ヴィッソ」
*Edicolante「カステッルッチョとノルチャ(ウンブリア州)へ!お花畑と食の街」
*Edicolante「マルケ州 ファブリアーノ へ!」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP