ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

有村架純 朝ドラヒロイン決定の裏にあった「NHK東西対決」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『あまちゃん』(2013年)以来の朝ドラ凱旋となったのは、女優・有村架純(23)だ。来春のNHK朝ドラ『ひよっこ』のヒロインに抜擢された。今回の有村主演には、局側からの熱烈なオファーがあったという。

「朝ドラはオーディションでヒロインを選ぶことが多いのですが、今回はNHK側から有村を指名した」(テレビ誌記者)

 有村自身も発表会見で「『NHKの顔になっていただきます』と言っていただいて、あの時(『あまちゃん』)とははるかに違うところにいるんだなと」と指名の舞台裏を明かした。

 この有村の“一本釣り”には複雑な局内事情があるというのはNHK関係者だ。

「近年、朝ドラは東京と大阪が交互に制作しています。東京側は『あまちゃん』で、現在の空前の朝ドラブームを作り上げたという自負がある。その後に続いた大阪制作の『ごちそうさん』、『マッサン』のヒットは『あまちゃん』の勢いに乗っただけだと、高をくくっていた。だが、昨年、東京制作の『まれ』が惨敗し、直後の大阪制作『あさが来た』は今世紀最高の視聴率を叩き出した。これにすっかり東京側は青くなった」

 そんな中、東京側に「大阪が有村をヒロインとして狙っている」という情報が舞い込んだという。

「東京は『あまちゃん』出身の有村は、自分たちが育てた子供みたいなものと思っている。そんな彼女を横取りされてはたまらないと大騒ぎになった」(同前)

 そこで有村を高く評価する脚本家・岡田惠和氏に、有村ありきのオリジナル作品をオファー。こうして決まったのが『ひよっこ』主演だった。

「有村争奪戦」では東に軍配が上がったが、肝心の視聴率はどっち!?

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
『あまちゃん』超えの『ごちそうさん』 関西人の心掴み好調
母、祖母と3世代を描くなど『あまちゃん』『まれ』の共通点
ドラマライター 『まれ』『あまちゃん』に共通点多いと指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP