ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

50代初婚リポーター菊田あや子 熟年結婚の落とし穴語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 結婚に何を求めるか? 自分の気持ちはわかっても、意外と気づかない相手の本音。そのズレが結婚生活を暗転させていく。それは熟年結婚でも同じだ。タレントでリポーターの菊田あや子さん(59才)の「反省の弁」は、痛いほど胸に突き刺さる。

 昨秋に会ったときの彼女とは、見た目も雰囲気も随分変わっていた。そして名字も元に…。

 菊田さんが、10才以上年上の男性との結婚を発表したのは昨年9月。当時は箸が転んだだけでも笑顔がこぼれるというような幸せオーラをまとっていたが、それからわずか半年後の3月には離婚していた。

 ちょうど1年前の昨年6月末に知人の紹介で初めて会い、4回目のデートでプロポーズされ、8月に婚約。9月中旬に入籍を済ませ、10月あたまに彼のマンションに引っ越して新婚生活がスタートした。

「本当に幸せで、友人たちもお祝いしてくれて、今までの“おめでとう”の中でもいちばん嬉しくって。相手の包容力、人柄もいいし、こんな幸せなことはないと思えるほどだったんです。“あなたは今すぐ仕事を辞めても何の問題もありません。結婚してくれますか?”とプロポーズされて、私も“わ!”って喜んでしまったんですが、振り返ってみると“幸せにするね”とか“幸せになろう”とは一度も言われたことなかったですね(苦笑)。

 私は一緒に美術館に行ったり、旅行したり、夫婦として思い出をひとつずつ作っていきたかったんですが、彼はもうそういうことはしたくなかったみたいなんです」(以下「」内、菊田さん)

 価値観の違いを感じるようになったのは、実は入籍して間もなくのことだった。

「本当に仕事熱心なかたで、家のことに煩わされることなく勉強したいとおっしゃって。実際、休日もほとんど外出することなく一日中勉強されていました。たまに彼が欲しいものがあるといって一緒に銀座に買い物に行ったときも、そのお店に行って帰ってくるだけ。ちょっとぶらぶらとかお茶するとかもなし。帰ってきたらまた勉強する。私は彼の勉強の邪魔にならないように音を立てないよう、ひっそり過ごすんです」

 新婚当初の気持ちを思い出してか、心許ない寂しげな笑顔を見せて、続けた。

「結婚の際に“わが援軍得たり”と言われたときは“え?”っと思いましたが、完璧主義の彼のために食事など家のことはもちろん、ゆくゆくは下の世話まで…と、覚悟を持っていたんですけどねぇ」

 朝6時半に起きて朝ご飯の用意とお弁当を作り、掃除や洗濯をして夕飯の下ごしらえをしてから買い物へ。自分の用事を済ませ、夕方の5時には帰って、彼が帰宅する8時過ぎまでに食卓を整えて待つ。洗濯物をたたんだりアイロンがけをすればあっという間だ。潔癖性ともいえるきれい好きな夫のために、家じゅうをピカピカに磨き上げ、においにも敏感になった。

「いただきもののカサブランカも花粉が飛ぶのは困るというので自室に飾って。それでも廊下に漂った香りが強いといって怒られるので、とにかく一日中換気扇を回すようになって。彼にとっては何気ない要求や希望だったかもしれないけど、いろいろな価値観の違いが積もっていって、私は何も言えなくなっちゃったんです。何もかも受け入れすぎてしまって…私が彼にそうさせてしまったんですよね」

◆完成された大人だからこそ埋まらない価値観のズレ

 当初、夫は「仕事はどんどんしたらいいじゃない」と言っていたから結婚を決めたそうだが…。

「だんだん“あなた、講演っていったい何をしゃべるの?”“いつまで仕事するんですか?”“その大きな声でにぎやかに話してるんでしょうね”と言われるようになり、結婚前から決まっていた仕事に行く日も何度も嫌みを言われて…仕事はほぼ辞めました。彼はあくまでも私にいちばんの“援軍”であり続けてほしかったんでしょうね。今年に入ってからは細かいことで何度も叱られ、相手の顔色をうかがう生活に幾度となく泣いて友達に相談していました。もちろん、言う方の彼もイライラしてストレスがたまっていったと思います」

「五十にして天命を知る」という言葉があるように、50代ともなれば、みなそれぞれにほとんどの人がすでに価値観ができあがっている。それゆえ、10代20代のような順応性、柔軟力はもはやない。

 心労から食事も喉を通らなくなり、菊田さんは8kgほどやせてしまった。

「今は少し戻りましたけど(笑い)、友達にかなり心配されて。離婚だけはしちゃダメだ、自分がいたらないからだと思っていたんですが、“そんなこと大したことないんだよ”と友達に言われて、やっと離婚を決意したんです」

「今、思うのは、私も早とちり、彼も早とちりだったんですよね。私も人生でいちばん傷つきましたし、彼もでしょうね。結納もして、高い指輪も買ったり、“同志が来る”とワクワクしていたのですから。

 ふたりともいい勉強になったと思うんです。彼は“この暮らしを変えたくない”と思っているのに妻を迎えるのは違っていましたよね」

 菊田さんは今回の失敗を踏まえ、熟年結婚は「趣味を通じて知り合う」「ご飯の好みや金銭感覚が合う」など価値観が近くないと難しいと実感したという。そして相手を尊重し、性格や人間性に興味を持てるかどうかも重要なポイント。

「職業やステイタスに惑わされたり、勝手に人柄を決めつけてしまうのはダメですよ」

 そう自戒を込めて話す菊田さんだが、「また結婚したいですか?」とたずねると…。

「入籍は焦りませんが(笑い)、楽しくお食事したり、映画に行ったりドライブ行ったり、一緒に楽しめるパートナーは欲しいなと思います。人生は残り20年も30年もあります。ご縁があれば、ひとりよりふたり、気の合うかたと過ごすことって本当に充実していいと思うんです」

 最後はいつもの朗らかな笑顔が戻って、記者も安心したのでした。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
元葉山エレーヌ 「石田みゆき」へ改名願うも局員制止で断念
仏前結婚式 木魚と鐘の「ポクポクチ~ン」で「おめでとぉ~」
長澤まさみ 結婚を本気で意識したが伊勢谷「考えられない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP