ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やっぱりね。57%の女性が「2番目の女は嫌」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

付き合っていると、お互いに歩み寄りが必要になってきます。譲歩したり、相手に合わせたり…。

でも、どこまで合わせられるかには個人差があります。

そこで、今回エムスタイルは、ポータルサイト『健康美人』で調査を実施。好きな人のためならどこまでできるか、女性のリアルな声に迫ってみました。

休みは合わせるけど、デートの行き先は自分で決めたい

まずは、「好きな人のためならどこまで合わせることができる?」という質問。結果は以下の通り。

休みを合わせる…29%
彼の趣味に合わせる…19%
遊ぶ頻度を合わせる…13%
むしろ彼色に染まりたい…13%
デートの行先を合わせる…8%
連絡の頻度を合わせる…6%
すべて合わせられない…6%

一緒に過ごす時間を確保するために、休みや趣味、遊ぶ頻度を合わせる人は多いようです。

57%は「2番目の女」になりたくない

とはいえ、多くの人は何でもかんでも彼に合わせるのは、なかなか難しいはず。そこで続いては、「いくら好きな人のためでも『これだけは絶対にできない!』ということ」について聞いてみたところ、

2番目の女になる…57%
夢追う彼を養う…13%
片思い中の彼の恋を応援する…12%
彼の将来のために身を引く…8%
すべてできない…6%
細身の彼のために痩せる…2%
何でもできる…2%

という結果に。

やはりいくら好きな彼のためとはいえ、2番目の女で甘んじるのは嫌だというのが正直なところ。当然といえば、当然の結果です。

さまざまな恋愛の形がありますが、「彼の一番好きな人でありたい」という気持ちは、誰もが持っているものなのではないでしょうか。

[健康美人]

image via Shutterstock

文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

男子より汚い。トイレのあと石けんで洗わない女子多数
もし今日が退屈な一日だったら。帰り道は空を見上げよう
お風呂上がりに冷水を浴びるのは逆効果。エアコンなしで涼をとる方法
男子は「家に忘れものをしていく女子」が正直しんどい
お金で困りたくないから。自分にあった貯金の仕方知りたい #心理テスト
夏は外に出たくないから、ふわふわのかき氷を家で作る
グッと刺してスッと引く。スイカ専用カッターが気持ちいい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP