ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KANA-BOON、初の海外単独公演を開催「自分たちの音楽について改めて考える機会になりました」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KANA-BOONが、7月9日に香港・Music Zone@E-MAX、10日に台湾・台北 THE WALL TAIPEIにて初の海外単独公演を実施した。

どちらの公演でも熱烈な歓迎を受け、それに応える圧巻のパフォーマンスを披露したKANA-BOON。両公演ともに本編ラストは、海外でも馴染みの深いアニメ「NARUTO」のテーマ曲「ダイバー」「シルエット」の2曲でフロアを踊らせ、大合唱を巻き起こした。アンコールでは「ないものねだり」を披露し、日本国内でのライブと同様にコール&レスポンスでオーディエンスを大熱狂させた。

香港公演ではアンコールの際に観客から寄せ書きが贈られ、思いがけないサプライズに谷口鮪(Vo./Gt.)は「宝物にします。」と言葉に力を込めた。

台湾公演では、谷口は「こうやって自分たちの音楽が海を越えて、みんなの力になっているのが嬉しいです。自分たちの音楽について改めて考える機会になりました。」と観客に熱く語りかけた。

今回の海外公演2本をもって、幕張メッセ公演を皮切りに全16カ所21公演で開催されたツアー「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016」は締めくくられた。

関連リンク

KANA-BOON オフィシャルサイト
 www.kanaboon.com
 www.kanaboon.jp
KANA-BOON Twitterhttp://twitter.com/_kanaboon

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP