ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xiaomi Redmiシリーズの累計出荷台数が1億1000万台を突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xiaomi のスマートフォンシェア拡大に大きく貢献している「Redmi」シリーズが発売から累計 1 億 1,000 万台の出荷台数を突破したことが判明しました。これは、Xiaomi の創業者である LeiJun 氏が自身の Weibo ページなどで明らかにした公式情報です。Redmi シリーズは、2013 年 8 月の「Redmi 1」でデビューしました。。Redmi 1 は充実したスペックを備えながらも、低価格と言える 1,000 元(約 15,000 円)未満の価格を実現しており、コストパフォーマンスに優れていることを意味する「サブ 1,000 元スマートフォン」の火付け役になりました。約 3 年で 1 億 1000 万台ということは、単純計算で年間約 3,333 万台売れていることになります。Redmi シリーズは年に 2 ~ 3 機種は投入されているので、少なくとも 1 機種あたり 1,000 万台は売れていると見られます。Source : CNBeta

■関連記事
ロア・インターナショナル、5.7インチまでのスマートフォンに対応したIP68準拠の防水ケース「bikit2」を発売
VAIOは新しいWindows 10スマートフォン「VPU051C11N」を開発中?
Samsung Japan、VRを体験できる「Galaxy Cafe」を7月14日より期間限定でオープン

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP