体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〜Vol.2〜 G7伊勢志摩サミットの裏側を覗いてみよう。

先ごろ、閉幕されたG7サミット。8年ぶりの議長国となった日本で、サミットの準備に携わった、外務省の原琴乃さんの話から、サミットに関するトリビアや成果を作り上げていく仕事についてご紹介します。さあ、みなさんの知らない外務省の世界、覗いてみてください。

G7サミットの開催国になると、いつもの忙しさが倍増。

(C)Ministry of Foreign Affairs

G7サミットは持ち回りで、“議長国”の役割が回ってくることをみなさんは知っていますか?そうなると、サミット・チームの忙しさは倍増します。それでも、議長国の一員としてサミットに携われるのは、本当に誇らしいこと。だから、毎日わくわくしながら仕事をしています。そんな私たちサミット・チームは、G7の間で「シェルパ・オフィス」という名称で呼ばれています。その理由は、「サミット」という言葉にあります。サミットを英訳すると“頂上”。各国の首脳が集まる場だからですが、そこから転じて、サミットで首脳をサポートする補佐役を、エベレストなどで登山者を頂上にナビゲートするシェルパに擬えているんです。面白いですよね。さらに、現実のシェルパにはヤクと呼ばれる動物が寄り添っているので、私たちスタッフはヤクと呼ばれることも。実際にG7のスタッフ間のやりとりでも「Hey、 Yaks!!」と言ったりしています。

話し合うテーマや成果を考えるのも、議長国の役目。

さて、そんなサミット・チームの一員である私たちの議長国としての大きな仕事の1つが、議長である総理の指示を仰ぎつつ、G7サミットで話し合う議題と具体的な成果のたたき台をつくり、G7と交渉していくこと。具体的には、私たちチームが中心となって、財務省、文部科学省、厚生労働省、経済産業省などの各省庁と話し合って、たとえば女性の活躍や感染症対策などの保健といった、世界で話し合うべき議題について、一から考えていきます。議題を選ぶ上で、日本だけではなく、G7を含む国際社会にとって重要か。国連などのほかの国際会議ではなく、あえてG7サミットという場で取り上げるにふさわしいか。先進7カ国の首脳によるリーダーシップが期待され、また発揮できるか。これらのことを大切にしています。そうして選ばれた議題それぞれについて、より深く内容を練っていくために、私たちは日々、G7や、官邸・関係省庁の方と話し合いを重ねていきます。

1人で4つの顔を持つ、サミット・チームの仕事。

G7サミットに携わって改めて感じるのが、私たち外務省職員には、いくつもの面白い役割が求められること。まずは、過去のG7サミットで積み上げた議論に立脚しつつも、新たな付加価値のあるメッセージを国際社会に出していかなければならない。議長国として、前例踏襲のゆるされない、アイデア勝負である点で、「クリエイター」の役割が求められていると思います。一方で、私たちは関係省庁などと話し合って、要望や意見をかたちにしていく「コーディネーター」の役割を担い、それをG7との間で交渉してまとめあげる「ネゴシエーター」にもなります。さらに、サミットで発出される首脳のメッセージや具体的な方針を、世界に効果的なかたちで発信し、国際社会での実現につながる流れや動きをつくる。そこは、まさに「プロモーター」の役割です。だから、1人4役をしっかり演じきるつもりで、仕事をしています(笑)。

日本が世界に発信するメッセージの裏側に私たちがいます。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。