ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佐藤浩市 三國連太郎とちゃんとお芝居したかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 俳優の親子や兄弟が共演することは珍しくない。にもかかわらず、佐藤浩市が父・三國連太郎と本格的に共演したのは映画『美味しんぼ』(1996年)で主人公・山岡士郎を演じ、父でありライバルでもある海原雄山役の三國と向かい合ったときだけだった。映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』から、俳優として大先輩である父との共演の思い出を語った佐藤の言葉をお届けする。

 * * *
 佐藤浩市の父親は映画史にその名を残す名優・三國連太郎だ。

「かつての映画界では、役者は映画会社に従属していました。そういう中において、三國連太郎という人は勝手に他社の映画に出るんですよね。それで締め出されて何年か仕事をしていない時期も現実にありました。

 演者であることを優先するがゆえに、ルールを破れる人を子供の頃から見てきたので、僕としてもやっぱり、演じるということは己に正直であることなんだと思っています。ただ僕は苦労知らずなものだから、それに対する表現の仕方がちょっと稚拙だったところはありますが」

 2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』では芹沢鴨、公開が控える映画『花戦さ』では千利休と、かつて三國が演じた歴史上の人物役を演じている。

「僕には『飢餓海峡』はできない。自身が同じ時代の飢餓を経ている、三國さんのあの表現は自分には無理です。

 三國さんの演じた芹沢鴨は、自分でそうしたくないと思ってもそうしてしまう、抗いようもない自分を抱えていて、しょうもない人間ぽさがあった。それが、芹沢鴨という人間を通して感じている僕自身と同じだったので、話が来た時に『やりたい』と思いました。ほとんど方向性は一緒になっちゃうんだけど、一緒な中での自分なりの芹沢鴨をやってみたいと思いました。

 利休の時は表千家にお茶を習いに行ったのですが、その時に茶碗のように丸く、自分がいたいと思った。背中だけではなく、全体の丸さをお茶の中で表現できないかな、と。そうしたら、指導の方が『同じことを三國さんも言ってはりました』と言われて。それはちょっと悔しい想いをしましたね。

 今の年齢で一本だけ三國の役をやれるとしたら『復讐するは我にあり』。クリスチャンとして人に対して壁を作って生きることに何ら抵抗感を持たない、あの三國をやりたい」

 1996年の映画『美味しんぼ』が、父子が本格的に共演をした唯一の作品になっている。

「共演するからには、かなりいいもの、絶対的なものにしようと二人でハードルを上げ過ぎちゃったんですよね。それで、どんどん難しくなってしまった。

『美味しんぼ』は三國の企画で松竹に通したのですが、その前は『中上健次をやろう』って言っていたのに『美味しんぼ』かよ、というのはあって。でも親父も高齢だったので、もうここしかないと思って出ました。

 お芝居云々じゃなくて驚いたことがあって。最後の方で三國の胸ぐらを僕が掴む場面がありますが、その瞬間、あの大きな体躯がガクッと揺らいだ。あの時は物凄く年齢を感じました。

 僕の思っている三國連太郎は、いつまでも巨大な壁で、微動だにしない。それがふっと揺らいだ瞬間に、見てはいけない三國を見てしまったと思ったんです。

 三國さんとお芝居をちゃんとやれる作品をやっておけばよかったと思う。それは後悔でもある。でも、その悔いが自分の中に残っていることが、僕の役者人生としては一番の財産になっているようにも思えます」

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
「怪優」三國連太郎さん 33才のときに老人役で10本抜歯も
三國連太郎 冬場でも本番になると鼻水がピタッと止まった
佐藤浩市 三國連太郎の遺言「散骨して」に背いて義母と確執

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP