ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シニアの隣人トラブル 孤立、人格の硬直化、脳機能低下が原因

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 隣人トラブルが増えている。総務省「公害等調整委員会年次報告」(2004年度)によると、「家庭生活」に関する苦情件数は年々増加し、1996年には5620件だったが2003年には1万3503件に倍増した。

 騒音問題に詳しい八戸工業大学土木建築工学科教授の橋本典久さんが指摘する。

「園児や児童の声がうるさいという学校への苦情やご近所同士の苦情の件数は1990年代後半頃から急増しています。地域のコミュニティーが失われ、近所の人間関係の希薄化も影響していますが、加えて単身世帯が増え、生活の心理的環境が変化してきているところが大いに関係していると思います。孤独や不安を感じている人とご近所トラブルは無関係ではありません」

 医療が発達し、健康を気遣う人が増え、日本は世界トップクラスの長寿大国になった。しかし体も心も元気なのに、定年は60才。さらに高齢化社会の影響で、年金受給開始は65才からとなる。そんななか、昨今しきりに叫ばれる「老後破産」。おひとりさまブームや熟年離婚の急増もあって、高齢者の単身者世帯は、1985年に約118万人だったのが、2015年には約562万人と激増している(総務省『国勢調査』より)。そのなかで確実に孤立した高齢者は増えている。

「仕事をしていない高齢者は、どうしても人とのつきあいが薄くなってきます。そして自分の部屋にいる時間も長くなる。他人と接触する部分が少なくなってくるなかで、外の世界とのつながりが音だけになり、自然と意識が音に向かうといった環境になるんです。例えば上の階の人の足音とか、通りを歩く子供の声とか、敏感に反応するということも出てくるわけです」(橋本さん)

 実際、最近も騒音が発端となったご近所トラブルが相次いでいる。

 この5月にも、兵庫県尼崎市の集合住宅で、騒音トラブルを原因とした殺人事件が起きた。67才の香川浩(仮名)が包丁やハンマーを振り回して、真上に住む61才の北野弓枝さん(仮名)に襲いかかった。これを止めに入った次女も包丁で数回刺されるなどして、搬送先の病院で亡くなった。北野さんも意識不明の重体だったが、一命をとりとめた。

「買い物から帰ってきた北野さんが、2階の自宅にいる娘に“帰ってきたで~”と声をかけたみたいなんですわ。それに対して、下の階の自宅にいた香川が“うるさい!”って飛び出してきて口論になった。これまで警察に相談したことはなかったみたいやけど、以前から香川は北野さんの生活音が気に入らんかったみたいです」(捜査関係者)

 北野さんと近所づきあいがあった男性が、香川と北野さんの間にご近所トラブルがあったことを証言する。

「北野さんが、“下の人がうるさいからって床にマット敷いてんねん”って言ってたことがあってん。ここは木造で、壁も薄いしな。マンションみたいに防音がしっかりしてることはないけど、まあみんなそれなりに暮らしてるわな。香川さんは何度か会ったことはあるけど挨拶するような人じゃない。ずっとひとりもんで、もう何年か知らんけどいつも家にいたんちゃうか」

 東京未来大学こども心理学部教授で犯罪心理学者の出口保行さんは「そもそも犯罪には田園型と都市型がある」と話す。

「田園型は田舎の濃密な人間関係から、下手したら24時間監視されるような環境にあります。だからこそ、隣人が倒れていると誰かが気づくといった共助・互助というメリットもありますが、いい方向に働かないこともある。長いつきあいから“これだけしたら感謝してくれるのが普通だよね”といった甘えやボタンのかけ違いが増えると、時間をかけて溝が深まっていきます。

 都市型はお互いを知らないので、情緒的つながりがありません。その分、ある日突然攻撃的行動を起こしやすい。つながりがないので、なにかされると攻撃されたと受け止めて攻撃してしまう。事件に発展するのも早いです」

 出口さんは高齢者がトラブルを起こしやすい原因を「人格の硬直化」だと分析する。

「年とともに経験が豊富になるので、長年の経験と、価値観によっていろんな物事を判断します。生活スタイルや考え方など、注意を受けたからやめる、といった柔軟な対応が難しくなり、自分の要求に固執する。そこからトラブルに発展するといった面が認められます」

 それは脳の変化が関連していると指摘するのは、長野県で地域精神医療に従事する精神科医の熊代亨さんだ。

「健康な人でも年齢とともに脳の機能は低下していきます。例えば、我慢などの社会的な行動を制御している前頭葉は、高齢になると多かれ少なかれ弱ってきます。また、トラブルの要因として、専門家でも判断が難しいタイプの認知症を発症しているケースもあります。

 さらに高齢者は定年退職、配偶者や知人の死など、これまで築き上げてきた社会的なつながりや家族の支えを徐々に失っていくことにより社会的に孤立して、これまで社会適応できていたのが精神的な限界を超えてしまい、行動が制御できなくなることもあります」

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
定年後に近所トラブルの男性「出るところに出るか?」が口癖
『海街diary』出演3人の美女 たけしとコマネチ
ビートたけしが映画と漫才の違いやアートについて語った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。