ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩で食べる絶品「寒ざらしそば」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月10日放送の「極上!旅のススメ」(テレビ朝日系、午前10時00分~)では、注目の避暑地・新緑の軽井沢を旅した中で、草野仁さん、風見しんごさん、西村知美さんが「大禅」(長野県北佐久郡軽井沢町)を訪れた。

旧軽通りから一歩入った静かな場所にある同店は、石臼挽きの蕎麦粉を使用した手打ち十割蕎麦のお店だ。

地元産のそばの実は厳冬の中、一ヶ月流水に浸し、その後寒風で乾燥させることで本来の甘みが広がるという。そんなそばの実を使用して作られ、江戸時代には将軍家にも献上していたという10月までの期間限定のメニュー「寒ざらしそば」(1300円/税込み)、くるみをすり潰したつけだれにそばつゆを混ぜて食べる「くるみだれそば」(1300円/税込み)の2品が番組内では紹介された。

「寒ざらしそば」に岩塩をかけて、わさびを添えて食べた草野さんは「おっ、不思議なことに本当に甘みが感じられますよ」と驚いた様子でコメント、続いて風見さんも「いいお蕎麦ですね、お蕎麦自体は極寒の中で風にずっとあてられて冷たい所にいたのに、食べたこっちは心が温かくなる」とコメントした。「くるみだれそば」を食べた西村さんは「こちらも香り高いです、くるみが。それで甘みも凄くありますし」と味に満足した様子でコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:大禅 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:軽井沢のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:軽井沢×和食のお店一覧
相模湾を一望できるテラス席で味わう絶品イタリアン
酢豚にパイナップルを入れた初めてのお店の「広東風・酢豚」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。