ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気がついたら手術が終わっていた…「麻酔」って大丈夫なのドクター!?

  • ガジェット通信を≫


「麻酔」は歯科などの治療でも使われているため、みなさんにとってそれほど遠い存在ではなく、また、大きな外科手術をする際には必要不可欠なものです。

今回は麻酔の種類や副作用について、医師に解説していただきました。

麻酔とはどのようなものですか?

麻酔は手術や処置のために薬などにより痛みや意識をなくすものですが、目的や部位によって、以下のように使い分けられます。

・痛みをなくすことを主な目的とするもの

・意識をなくすことを主な目的とするもの

・筋肉の緊張を取る必要があるため、筋弛緩作用を目的とするもの

たとえば、お腹にガンがあって手術をする場合、意識をなくす麻酔と、お腹の筋肉の緊張を取る筋弛緩剤を使い、目が覚めてから痛みを取るため脊髄の近くに痛みどめを届けるような処置をします。

全身麻酔と局所麻酔の違いを教えてください

麻酔には意識をなくす全身麻酔と、処置を行う局所だけの痛みを取る局所麻酔があります。

全身麻酔

ガス状の気体を吸い込んだり、静脈に注射したりすることで全身に作用させ、意識をなくさせ、意識がない間の記憶は残りません。

最近の麻酔薬は大変優れており、ガスの麻酔薬であればマスクを口に当てて数回呼吸しただけで意識がなくなりますし、注射薬であれば数秒後には意識がなくなります。

局所麻酔

処置をする部位の付近に直接注射し染みわたらせることで、そのあたりの痛みを感じる神経を麻痺させます。おもに以下のような場面の手術に使われます。

・歯科の抜歯

・けがの縫合

・皮膚科

・形成外科

・眼科

一般的には注射した付近の狭い部分のみに効きますが、神経が束になっている部分に薬を入れれば、腕全体など広い範囲に麻酔をかけることができます。

手術ではなく、腰痛や神経痛の痛みを和らげるためにブロック注射として局所麻酔が使われることもあります。術後の痛みを和らげるため、局所麻酔と全身麻酔と併用することも多いです。

麻酔を受けることによって副作用は生じますか?

局所麻酔薬は一時に多量に使用すると中毒を起こすことがあり、多量に局所麻酔薬を使わないと痛みが取れない場合は、全身麻酔を行う必要があります。

全身麻酔では、手術が終わり麻酔を投与し終えた後に、吐き気や頭痛、ふるえが生じることがあります。

また、悪性高熱症という副作用も知られています、これは遺伝性があるので、家族に悪性高熱症が生じたことがある方は、慎重にならなくてはいけません。高い熱が出て筋肉が硬直し、適切な処置を行わないと死亡することもあります。

脊髄の付近に薬を注射して行う麻酔では、脊髄や神経に針が当たったり、薬が予期しない部位に届いてしまったり、針穴から脳脊髄液が漏れたりといった合併症が考えられます。

手術前に「麻酔同意書」にサインをしないといけない理由とは?

手術には出血・感染を含め合併症がおこりえますが、麻酔自体にも上記のような副作用が起こりえますので、それについて事前に麻酔科医から十分説明を受け、同意書にサインをする必要があります。

また、全身麻酔を行う場合は呼吸を助けるために、のどにプラスチックチューブを入れて人工呼吸を行うことがあり、そのチューブを入れるためにのどに器具を入れるのですが、その際に歯が折れたり抜けたりすることがあり、これも麻酔合併症の一部として同意書に記載されていることが多いです。

医師からのアドバイス

麻酔がなかった時代、人々は痛みにひたすら耐えるしかなく、痛みのあまりショック死することもありました。

麻酔があるからこそ現代医学があるといえます。麻酔の必要性とリスクを理解し、うまく付き合えるとよいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

温シップと冷シップ、どう使い分ける?
その腰痛、病気のサインかも?腰痛でわかる病気とは?
ずっと腰が痛い!それ、ただの腰痛じゃないかも?「椎間板ヘルニア」リスクをチェック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP