ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【タベアルキスト】宇都宮みんみん~食材のルーツを辿る旅 其の4(前編)~産地を巡る冒険

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさん、こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストTokuharaです。

「料理」と「生産者」。両者を繋げる魅力ある「食材」。そのルーツを辿る旅も、今回で4回目となりました。

ビール片手に、餃子でも頬張りたいこの季節。

お届けする食材は、「お酢」

今回この「お酢」をテーマに、2つの老舗の「伝統」と「進化」の一端を垣間見ることができました。それを少しでも多くの方にお伝えすべく……。

では、さっそく今回の冒険の地栃木県宇都宮市」に舞台を移しましょう。

まずは、老舗餃子店の「料理」に会いに行きます!

餃子の街「宇都宮」へ

「宇都宮」と聞いて一番に連想するのは……。やはり「餃子」でしょうか。

駅ナカの売店には、市内餃子店のお土産が多々並び、また駅を出ても、餃子店の大看板が目に飛び込んできます。毎年、餃子の消費量日本一の座を、静岡県浜松市と争うのがニュースになるのは、もはや恒例ですね。

ちなみに、この人口約50万人の都市には、餃子専門店は30軒ほどあるそうです。県内外からの観光客が、餃子店の店先に行列を作ることも珍しくありません。

進化する老舗

餃子の街「宇都宮」。その中でも屈指の人気店 「宇都宮みんみん」

創業は、昭和33年。餃子と共に、間もなく60年を迎える老舗餃子店です。現在、栃木県に10店舗。おみやげ販売店まで含めると、計26店舗を展開しています。

(ちなみに、筆者も幼少の頃からお世話になっております)

この宇都宮餃子会の雄が、昨年10月、新たなコンセプトのお店をオープンさせました。

「宇都宮みんみん ステーションバル」と名付けられた新店舗のコンセプトは、

「餃子とお酒を心から楽しんでいただけるお店」

JR宇都宮駅(西口)駅ビル直結、ホテル直結という好立地です。

本店との大きな違いは、店内の雰囲気も去ることながら、メニューの構成です。

本店のメニューは、餃子・ライス・ドリンク類のみ。

一方、この新店舗には、餃子はもちろん、唐揚げやサラダ等のいわゆる一品料理も並びます。

ドリンク類も、ビールに焼酎、ワイン、そして日本酒(栃木県産が半数)。

餃子の価格とのバランスを考え、いずれもリーズナブルな価格帯でラインナップされています。

創業以来、ストイックに餃子を出してきた老舗の「すべてが新たなチャレンジ」と語るのは、「宇都宮みんみん」の伊藤太朗社長。

そして、この後いよいよ、伊藤社長から出される「お酢」を使った新メニューと対面します。

名脇役としての「お酢」

▲栃木県名産かんぴょうの酢の物 464円

具は、胡瓜、タコ、そして、栃木県産のかんぴょう。

特に、このかんぴょうを使っているのが秀逸です。

ちなみに、栃木県はかんぴょうの生産量で全国1位。驚異の98%(*)を占めます。

(*)関東農政局 HPより

しっかりとした歯ごたえが楽しいかんぴょうは、「お酢」との相性が非常に良い。噛みしめる度ににじみ出てくる、酸味の奥でじんわりと広がるまろやかな甘味が、良い塩梅です。これは新発見!

なお、ここで使われている「お酢」は「もろみ酢」という銘柄。餃子のタレで使うものとは異なります。

▲チキン南蛮タルタルソース添え 648円

大ぶりなチキンは、問答無用にジューシー。

そして、ここでも先ほどの「もろみ酢」が、高いパフォーマンスを発揮します。

頬張った途端、あふれる脂と交わる「お酢」の酸味。「もろみ酢」のまろやか酸味が、鶏の旨味をより引き立て、全体をバランス良くまとめてくれます。

そして、食欲を掻き立ててくれるのは言わずもがな。ライスが欲しくなる一品です。

▲ゴロッと野菜のおいしい冷奴 518円

こちらは開店当初からラインナップされている、いわゆる既存メニューなのですが、「ぜひ掛けてみて」と伊藤社長にうながされ、特別に「もろみ酢」掛けて頂きました。

(注:通常「もろみ酢」は付いておりません)

すると、新たな出会いは突然に!

大豆の風味を酸味が引き立てる、この組み合わせが絶妙。豆腐に「お酢」がこんなに合うものかと! きゅうりの食感もいいアクセントとなり、ますます夏にピッタリな逸品に変化します。

▲焼餃子(1人前6個) 230円

そして、最後に頂いた定番メニュー。

これは、「宇都宮みんみん 餃子によく合う酢」で頂きます。

カリッとした焼き目。そして、ジュワァ~ッと口の中に拡散していく旨味汁……!!

餡は、7:3で野菜多め。かつ、野菜の6割は白菜だそう。日本の餃子は、キャベツを使うケースがほとんどで、その分甘味が強くなります。

しかし、「宇都宮みんみん」の餃子は白菜を使うことで、逆に甘味を抑えています。ほのかな甘味がありながらも、かなりニュートラルな味わい。

これは、1人でも多くのお客さんに楽しんで欲しいという思いから

創業以来、変わらないポリシー。

そしてお客さんは、タレを自分好みにアレンジします。ある意味、自分だけの色に染めることが出来る味。そこに「宇都宮みんみん」の真髄を感じます。

ますます「お酢」に興味が湧く!

野菜、肉、豆……。いろいろな食材と共存し、酸味で各々の旨味を引き立て、まとめる調味料。

そして、今回出会った二種類のお酢。

「もろみ酢」

「宇都宮みんみん 餃子によく合う酢」

これらは、「宇都宮みんみん」創業時からお付き合いのある、一軒の酢蔵が卸しているものとのこと。

「中野嘉兵衛(なかの かへえ)商店」

聞けば、こちら創業230有余年、北関東唯一の酢蔵だそうです。

果たして、どんな方がこの「お酢」を作っているのか。

次回は、十二代目 中野嘉兵衛 “中野 浩行さん”とのお話をお届けします。

お店情報

宇都宮みんみん ステーションバル

住所:栃木県宇都宮市川向町1-23 JR宇都宮駅(西口)駅ビル3F

TEL:028-689-9177

営業時間:火曜日~土曜日 11:00~21:00(LO 20:00)、日曜日・祝日 11:00~20:30(LO 20:00)

定休日:月曜日

ウェブサイト:http://www.minmin.co.jp/

※金額はすべて消費税込です。※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

(取材日 2016年6月24日)

書いた人:Yamato Tokuhara

特に、和食をリスペクトするタベアルキスト。幼少期より魚に囲まれ育った影響か、魚介料理には人一倍うるさい。ノンジャンルで年間350軒以上を食べ歩きながら、言葉の壁を超える“食”の素晴らしさを、海の向こうまで伝えることが、いまの生きがい。 Webサイト:Tabearukist Association facebook:Tabearukist Association

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【タベアルキスト】宇都宮エリアのグルメキーワードは「観光客の知らない宇都宮」! ~名店巡礼 宇都宮エリア編~ 

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。