ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏をさらに熱くする!!今年行くべき夏祭り9選【関東・東北】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年も待ちに待った夏祭りシーズンがやってきました。夏祭りといえば、夏の思い出つくりには欠かせない一大イベント。

今回は、関東・東北エリアで開催される注目の夏祭りを9件まとめました。秋田竿燈まつりに、三島夏祭り、東京高円寺阿波おどりなど、一度は観賞してみたい特別な夏祭りが続々と登場します。

夏の忘れられない思い出つくりに、カップルやファミリー、友達同士で、ぜひ出かけてみてはいかがでしょう。

1.秋田竿燈まつり【秋田県秋田市】

観客を魅了する竿燈妙技の競演!

稲穂に見立てた竿燈を見事なバランス感覚で操る

明かりが灯された竿燈が集まる「竿燈大通り」

■開催期間/8月3日(水)~6日(土)

■開催時間/夜本番(竿燈大通り)8月3~6日:18時50分~20時50分、昼竿燈(妙技会・エリアなかいちにぎわい広場)8月4日・5日:9時~15時40分、8月6日:9時20分~15時

■開催場所/竿燈大通り、妙技会・エリアなかいちにぎわい広場

約280本もの竿燈が大通りに集結。竿燈を手のひら、額、肩、腰で自在に操る妙技の競演を楽しめる。 秋田竿燈(かんとう)まつり

TEL/018-888-5602(秋田市竿燈まつり実行委員会事務局〈秋田市観光振興課内〉)

住所/秋田県秋田市

料金/有料観覧席:升席(定員6名)2万円、S席2600円、A席2100円※ご予約は観覧席予約センター 018-866-9977

アクセス/電車:JR秋田駅西口より徒歩15分

車:秋田道秋田中央ICより15分

駐車場/周辺に無料・有料駐車場あり

「秋田竿燈まつり」の詳細はこちら

2.寄居玉淀水天宮祭【埼玉県寄居町】

夜空と川面を彩る万灯の競演を堪能!

夜空を彩る花火と舟山車

100mのナイアガラ花火は圧巻の美しさ

■開催期間/8月6日(土)

■開催時間/神輿渡御(玉淀水天宮本宮出発):17時30分、花火大会:19時~21時予定

■開催場所/玉淀水天宮、玉淀河原

水難除けや安産を祈念する水祭り。荒川に浮かぶぼんぼりや提灯で飾られた舟山車が川面を美しく彩る。 寄居玉淀水天宮祭(よりいたまよどすいてんぐうさい)

TEL/048-581-2121(寄居玉淀水天宮祭実行委員会事務局〈寄居町商工観光企業誘致課内〉)

住所/埼玉県大里郡寄居町

料金/観賞無料(有料観覧席は要問合せ)

アクセス/電車:JR・東武鉄道・秩父鉄道寄居駅より徒歩15分

車:関越道花園ICより10~15分

駐車場/周辺に有料駐車場あり

「寄居玉淀水天宮祭」の詳細はこちら

3.新潟まつり【新潟県新潟市】

華やかな伝統行事やイベントが盛りだくさん!

神輿を乗せた御座船が信濃川の右岸から左岸に渡る「水上神輿渡御」

新潟甚句を踊りながら萬代橋を進む「大民謡流し」

信濃川に上がる大迫力の花火が楽しめる「花火大会」

■開催期間/8月5日(金)~7日(日)

■開催時間/日によって異なる

■開催場所/柾谷小路~萬代橋他

初日は大民謡流し、土曜は水上神輿渡御やまちなか音楽花火、日曜は花火大会と見どころ盛りだくさん。 新潟まつり

TEL/025-226-2608(新潟まつり実行委員会〈新潟商工会議所〉)

住所/新潟県新潟市中央区

料金/観賞無料

アクセス/電車:JR新潟駅万代口より徒歩15~20分

車:磐越道新潟中央ICより20分

駐車場/周辺に有料駐車場あり ※公共交通機関をご利用ください

「新潟まつり」の詳細はこちら

4.三島夏まつり【静岡県三島市】

勇壮な山車の競り合いや郷土芸能など見どころ満載!

山車からはシャギリ(お囃子)が響き渡る

3日目に行われる天下泰平・五穀豊穣を祈る神事「流鏑馬」

郷土芸能「農兵節」のパレード

■開催期間/8/15日(月)~17日(水)

■開催時間/日によって異なる

■開催場所/三嶋大社~三島広小路駅

にぎやかなシャギリの音と山車の引き回しや競り合いが祭りを盛り上げる。農兵節など様々な行事が行われる 三島夏まつり

TEL/055-971-5000(三島夏まつり実行委員会〈三島市観光協会〉)

住所/静岡県三島市

料金/賞無料

アクセス/電車:伊豆箱根鉄道三島広小路駅より徒歩すぐ~10分

車:伊豆縦貫道三島塚原ICより10~15分

駐車場/周辺に有料駐車場あり

「三島夏まつり」の詳細はこちら

5.第60回東京高円寺阿波おどり【東京都杉並区】

1万人が踊り、高円寺を熱気で包む一大イベント!

女踊りは駅を周回する「流し踊り」を華やかに彩る 画像提供/東京高円寺阿波おどり

軽快なお囃子にのって踊る笑顔の踊り手 画像提供/東京高円寺阿波おどり

地元連に一般参加連が加わり、1万人以上が練り踊る 画像提供/東京高円寺阿波おどり

■開催期間/8月27日(土)・28日(日)

■開催時間/17時~20時

■開催場所/JR高円寺駅、東京メトロ新高円寺駅周辺商店街、高南通りの8演舞場

1957(昭和32)年に始まった関東屈指の規模を誇る阿波踊り。延べ160連の団体が踊り、100万人の観客を魅了する。 第60回東京高円寺阿波おどり

TEL/03-3312-2728(東京高円寺阿波おどり振興協会)

住所/東京都杉並区高円寺南・高円寺北

料金/観賞無料

アクセス/電車:JR高円寺駅及び東京メトロ新高円寺駅より徒歩すぐ

※公共交通機関をご利用ください

「第60回東京高円寺阿波おどり」の詳細はこちら

6.佐原の大祭夏祭り【千葉県香取市】

江戸時代を彷彿させる勇壮にして華麗な山車祭り。

関東彫りの彫刻が飾り付けられた山車 写真提供/香取市

■開催期間/7月15日(金)~17日(日)

■開催時間/10時~22時

■開催場所/小野川をはさんで東側一帯(本宿地区)

小江戸・佐原の町並みを豪華な大人形を乗せた山車が佐原囃子を響かせ曳き廻される。見どころは、山車を回転させる勇壮にして華やかな「のの字廻し」。 佐原の大祭夏祭り

TEL/0478-54-1111(香取市商工観光課)

住所/千葉県香取市佐原イ地先

料金/賞無料

アクセス/電車:JR佐原駅より徒歩10分

駐車場/1000台(利根川河川敷臨時駐車場)

「佐原の大祭夏祭り」の詳細はこちら

7.会津田島祇園祭【福島県南会津町】

郷土の誇り高い伝統が感じられる歴史ある祭り。

子ども達を乗せ勇壮に駆け抜ける大屋台

■開催期間/7月22日(金)~24日(日)

■開催時間/例祭7月22日:10時~22時30分頃、渡御祭7月23日:7時50分頃~23時頃、太々御神楽祭7月24日:13時~15時

■開催場所/田出宇賀神社、熊野神社、南会津町田島地域

花嫁姿の女性たちが神社に向かう「七行器(ななほかい)行列」に大屋台運行、神輿渡御、子ども歌舞伎などが行われる。 会津田島祇園祭

TEL/0241-62-3000(南会津町観光物産協会)

住所/福島県南会津郡南会津町田島

料金/観賞無料

アクセス/車:東北道西那須野塩原ICより1時間10分

駐車場/800台(各駐車場利用)

「会津田島祇園祭」の詳細はこちら

8.市民祭 第47回 岡谷太鼓まつり【長野県岡谷市】

300人による豪快な太鼓揃い打ちは必見!

300人が太鼓を打ち鳴らす幅60mのステージ

■開催期間/8月13日(土)・14日(日)

■開催時間/日によって異なる

■開催場所/イルフプラザ広場周辺

メインステージでの「岡谷太鼓300人揃い打ち」をはじめ、踊りパレード「MINAKOIわっさか」や太鼓神輿などが行われる。 市民祭 第47回 岡谷太鼓まつり

TEL/0266-23-2345(岡谷太鼓まつり実行委員会 事務局)

住所/長野県岡谷市中央町1-11-1

料金/観賞無料、有料桟敷席あり

アクセス/電車:JR岡谷駅より徒歩7分

※公共交通機関をご利用ください

「市民祭 第47回 岡谷太鼓まつり」の詳細はこちら

9.第48回 龍王祭【栃木県日光市】

温泉街が賑わう夏の一大イベント!

女性だけが担ぐ女樽神輿が祭りに華を添える

■開催期間/7月22日(金)~24日(日)(龍王峡7月22日、鬼怒川温泉7月22日・23日、川治温泉7月23日・24日)

■開催時間/龍王峡(神事):11時~(予定)、鬼怒川温泉・川治温泉:18時~22時(予定)

■開催場所/龍王峡:五龍王神社、鬼怒川温泉:くろがね橋周辺、川治温泉:川治ふれあい公園

龍王峡では神事が行われ、鬼怒川温泉では神輿の渡御や花火が、川治温泉では各種ステージショーが盛大に開催される。 第48回 龍王祭

TEL/0288-22-1525(日光市観光協会)

住所/栃木県日光市

料金/観賞無料

アクセス/電車:龍王峡:野岩鉄道龍王峡駅より徒歩10分、鬼怒川温泉:東武鉄道鬼怒川温泉駅より徒歩20分、川治温泉:野岩鉄道川治湯元駅より徒歩20分

駐車場/龍王峡:100台、鬼怒川温泉:40台、川治温泉:なし

「第48回 龍王祭」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

夏しか見られない絶景!家族で思い出を作れるひまわり畑【東海】
迷路!摘み取り体験!イベントも!感動のひまわり畑【関東・東北】
ひまわり、ダリア、コスモス…感動絶景の花畑名所7選【東海】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP