体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、中国電信にデュアルコア・デュアルスクリーンの折畳み式Androidスマートフォン「SCH-W999」を投入

Smasungが中国の通信キャリア「中国電信(China Telecom)」にデュアルコア・デュアルスクリーンの折畳み式Androidスマートフォン「SCH-W999」を投入するようです。モデル名と端末のデザインから昨年中国で発売された「SCH-W899」の後継と見られる「SCH-W999」には、ディスプレイ部分の前後に3.5インチWVGAサイズのAMOLEDディスプレイが搭載されており、開いたままでも、閉じたままでも端末を操作することができます。スペックはアップグレードされたようで、SCH-W999にはデュアルコアCPUを内蔵するMSM8660が搭載されています。背面には500万画素CMOSカメラ(フラッシュ付)が搭載されています。OSはAndroid(おそらく2.3)。SCH-W999は中国電信のGSM/CDMA2000に対応します。その他、Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Wi-Fi Direct、Bluetooth 3.0+HSにも対応します。本体サイズは112mm×59mm×11.5mm(オープン時?)、質量は約204g。Source : Tenaa


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S向けAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)のカスタムROM(SDK移植版)が公開
ソフトバンク、フィッシングサイトなどへのアクセスを防止するスマートフォン向けサービス「Internet SagiWall」の提供を開始
NTTドコモ、富士通東芝製「REGZA Phone T-01C」向けソフトウェアアップデートの提供を開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。