体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

良作多し!視聴も録画も追いつかない!?お薦めしたい2016夏(7月期放送)ドラマ5選!

2016年もいよいよ夏ドラマが始まりました。1話を観て既にどっぷりハマってしまった方もいれば、まだどの作品を継続視聴するか決めきれずに迷っている方もたくさんいると思います。

今回は、ドラマ大好きな筆者がこの夏に視聴したいドラマを、絞りに絞って5作品選んでみました。もちろんここで紹介させて頂く作品以外にも素敵な作品は多数ありますが、中でも特にお薦めの作品となります。1話を見忘れてしまった!なんて方も、夏ドラマは始まったばかり、まだまだ間に合います。次回以降のご視聴を心よりお薦めいたします。

神の舌を持つ男

毎週金曜22時~TBS系にて放送中

メインキャラクター3人、朝永蘭丸(ともながらんまる)役に向井理さん、そして甕棺墓光(かめかんぼひかる)役に木村文乃さん、宮沢寛治(みやざわかんじ)役に佐藤二朗さんと、キャスティングだけでワクワクしてしまいます。さらに、演出には堤幸彦監督。この作品の構想に20年を費やしたというのですから、期待せずにはいられません。

既に1話が放送され、向井理さんの不思議なキャラ、木村文乃さんの秀逸なボケっぷり、佐藤二朗さんのシュールなツッコミなど、1話だけでも見どころは盛りだくさん。放映前の大きな期待をさらに上回る面白さです。また、物語の重要なテーマのひとつとなる(であろう)謎の女性「みやび」の存在。これからの展開が気になって仕方ありません。

そして、誰もいなくなった。

7月17日(日)22時スタート(初回30分拡大)
毎週日曜10時30分~日本テレビ系にて放送

『アンフェア』の原作者「秦建日子」さんが書き下ろしたオリジナルドラマというだけで、期待値はMAXなこの作品。「予測不可能な超本格サスペンス!」のキャッチフレーズにもドキドキが高まります。

主人公に藤原竜也さん。そして、玉山鉄二さん、二階堂ふみさん、黒木瞳さんと、脇を固める豪華キャスト陣もたまりません。ちなみにこのドラマの大きな見どころのひとつが、順風満帆の人生を送っていた主人公の“転落人生”。この転落していく主人公を藤原竜也さんが演じるというのですから、これはどうしてもあの名作「カイジ」を思い出してしまいます。ちなみに、この作品の演出は「カイジ」を手がけた佐藤東弥(さとうとうや)さん。まず、期待を裏切られる事はないでしょう。

家売るオンナ

7月13日より毎週水曜22時~日本テレビ系にて放送

主人公である、家を売って売って売りまくる不動産営業ウーマンに、ドラマの女王・北川景子さん。「わたしに売れない家はない」と豪語する凄腕営業ウーマンを、北川さんがどのように演じられるのか、今から非常に楽しみです。また、上司に仲村トオルさん、営業担当の工藤阿須加さん、エリート営業マンの千葉雄大さんと磐石の布陣です。

そして今作の目玉のひとつ。新人営業ウーマンの白洲美加役を演じるのは、珍獣をハントしては笑いで視聴者のお腹を崩壊させ、世界の名だたる山々を登頂しては感動で視聴者の涙腺を崩壊させてきた太眉のイモトアヤコさん。太眉を封印した女優イモトアヤコさんと北川景子さんとのやりとり、面白くないわけがありません。

時をかける少女

毎週土曜21時~日本テレビ系にて放送中

そして、個人的にもっとも気になっているのがこちらの作品。理科実験室でラベンダーの香りを嗅いだ事で“時を超える能力”を身につける主人公・・・。もはや、世代を問わず誰もが知っている物語と言えるでしょう。視聴者の年代によって思い浮かべる主演女優が異なるほど、何度もリメイクされてきた名作。人によってはドラマでなく、アニメ作品を頭に浮かべる方も少なくないかもしれません。

今回主人公の芳山未羽を演じるのは、若手女優の中でも特に業界人気が高いと言われる黒島結菜さん。そして、2016版の『時をかける少女』の見どころは、芳山未羽の視点だけでなく、もう一人のメインキャラ・深町翔平の視点から同時に描かれる物語。ただの有名作品のリメイクにとどまらず、制作側の新たな挑戦がどのような形で表現されるのか。これからの展開が非常に楽しみです。

闇金ウシジマくん Season3

MBSテレビ 7月17日より毎週日曜24時50分~放送
TBSテレビ 7月19日より毎週火曜25時28分~放送

1 2次のページ
日本タレント名鑑の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。