ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『電動ふわふわとろ雪かき氷器』今ブームの台湾風かき氷を作れるのか、検証!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この夏注目されている家電、ドウシシャ『電動ふわふわとろ雪かき氷器』。家庭で話題の台湾風かき氷を作ることが出来る。 どのような感じなのか、実際に作ってみよう。

大人気の台湾風かき氷をお家で楽しめる!

家庭で作るかき氷と言えば、氷をただガリガリと削るものであったのが、最近ではちょっと楽しみ方が変わってきている。 今、大人気なのは台湾風かき氷。あらかじめ味をつけた糖度のある氷をふわふわに削ることでとろけるような食感を生み出す専門店でしか味わうことが出来なかった味わい。そもそも糖度のあるものは、純粋な水分と違って凍りにくい性質がある。 そのため氷が柔らかくて、一般的なかき氷器ではなかなか削ることが出来なかった。 しかしそれを可能にしたのがこの『電動ふわふわとろ雪かき氷器』。何と柔らかい氷を削ることが出来るのだ。

本体の構造をチェック!


本体の大きさは、幅14.5cm×奥行18.5cm×高さ34cm。コードの長さは1.3m。 重さは1.2kg。 持ってみると意外と軽く、移動もさせやすい。

その他に、ふた付き製氷カップ(2個)、レシピ集、取扱説明書。

取りはずしつまみをオープンに合わせて、本体・モーター部を持ち上げるようにして開ける。


本体にはスパイクベースがついているので、手を触れないように注意。


 スタンド部分にインナーリング、刃のついた氷ケースがある。これらはすべて分解可能。

準備!まずは氷を作ろう


 まずは何と言っても氷作り。今回はマンゴー氷を作ってみる。

レシピ集を参考にマンゴーピュレ、オレンジジュースを混ぜ合わせる。付属の製氷カップの8分目まで入れて凍らせよう。さあいよいよ台湾風かき氷作りにチャレンジだ!

氷を削ろう!ふわふわに出来るかな!?

製氷カップから氷を取り出して、インナーリングをセットした氷ケースに入れる。その上から、本体のスパイクベースを ザクッと氷に少し突き刺すような感じでセットする。

本体とスタンドがきちんと閉まっていることが確認してから電源プラグをコンセントにつなぎスタートボタンを押す。器は直径11.5cm以下のものをセットしておこう。

スタートボタンは押し続けることで回転する。ボタンから指を離せば止まる。 軽い力で押せるので苦にはならない。また、腕を使って回すものとは違い、電動なので疲れたりしないのもいいところ。

氷の刃の高さを変えることが出来るのだが、まずはじめは最も細かい設定にしておくのがポイント。

そこから削り具合を見て、刃の高さを変えていく。マンゴー氷は、そのままでもかなり柔らかめの氷。カチカチの氷とは違い、包丁などでサクッとカット出来る柔らかさ。最も「細かい」設定だとなかなか削れてこなかったので、刃の高さを調節。すると、 ゆっくりではあるが少しずつ削れてきた。

柔らかいながらも氷がスライスされていく。

お味はもちろん美味しく、ソルベのような食感で口溶けはとてもなめらか。

氷は最後まで削ることが出来ず、スパイク部分に残ってしまうがこれは仕方のないこと。 この部分、スプーンやスパチュラで取り除けばまだ少し食べることは出来る。 次の氷を入れたい時は、しっかりと取り除いてから使おう。 そのまま氷を削るとスパイクが刺さらず空回りしてしまい、うまく削れない。

こちらはチョコレート氷。牛乳、チョコレートシロップ、練乳を混ぜ合わせて凍らせたもの。こちらもなめらかな口溶けで、お味は間違いなく美味しい。もともとの氷が糖度が高く柔らかい為、「ふわふわ」に削れるというよりはやはり「とろとろ」な食感。アイスクリームやシャーベットのような滑らかさになる。

 

レシピの写真のようにたっぷりと器に盛りつけるには、氷を2個以上作っておく必要があるだろう。 1個だと約150ml分なので、それほどたっぷり作れるという感じではないが食べるのにはちょうど良い。

作る氷の糖度が高いと、家庭用冷凍庫で凍らせるのは多少難しいかもしれない。糖度が高いと氷結点が低くなるので、家庭用冷凍庫だとしっかり凍らせるのに限界があるのだ。氷を作るときは、冷凍庫の温度を最大限に下げるなどして、固めに凍らせてあげると良いだろう。

お手入れの仕方。しっかり水洗いできるのが良い!


スパイクベースは本体から取り外せる。その他、スタンド、インナーリング、氷ケースなど本体以外はすべて水洗い出来る。それぞれのパーツは大きくないので、洗いモノの量としては普通。 また、十分に乾燥させた後はサビ防止のため、刃に食用油を塗って保存を。

実は普通の氷も削れます


さて、味のついた甘い氷しか削れないのかというとそうではない。普通に水を凍らせたものも難なく削れる。細かく削れるので、口の中でサッと溶ける氷が出来あがった。

バラの氷は使用不可。こちらも付属の製氷カップを使った氷を使おう。
  

お家でちょっとしたカフェ感覚の氷を楽しめる

本体に付属しているケースは2つのみなので、1~2人前に対応している。人数が多かったり、他の味も削りたい時などはケースが別途必要。 ケースのみでも販売しているので、そちらを利用しよう。

専門店のような本格的なふわふわ感にはやや劣るかもしれないが、それでも滑らかで口どけの良い氷を作ることが出来るので家庭用としては十分楽しめるアイテムだ。

価格は6,000円前後。全国の家電量販店やインターネット通販で購入できる。

 

関連記事リンク(外部サイト)

電動で野菜をスライスする『クルクルベジスライサー』で2種類の切り方を楽しんでみよう!
レイエ『あくとりスプーン』登場/あくをスイスイ取れてスープだけを戻せるスプーン!
『手もみジューサー』は食感が楽しめる手もみジュースが作れる専用のシリコン袋!
『チューチュータイマー』おしゃべり機能搭載だが液晶は無い、なのに便利な常識破りのキッチンタイマー!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP