ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】GENERATIONS、ある地域でセールス激増!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月11日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、GENERATIONS from EXILE TRIBE(以下GENERATIONS)『涙』が初登場1位。前作シングル『AGEHA』に続き2作連続で首位を獲得した。

 『涙』は、GENERATIONSの初となるバラードシングルで踊らないMVも話題となり、リリース初週に13.9万枚のビッグセールスをあげて見事チャートを制した。なお『AGEHA』の初週セールスは3.8万枚だったので、同じ1位と言えども10万枚以上のセールスアップで首位となった。急伸したセールスだが、売上げ傾向に何か特徴はあるのか。SoundScan Japanのセールスデータから『涙』と『AGEHA』の店舗での初週売上げを地域順で見てみると下記のようになる。
『涙』
1位:東京
2位:大阪
3位:神奈川
4位:埼玉
5位:愛知
『AGEHA』
1位:東京
2位:神奈川
3位:埼玉
4位:大阪
5位:千葉
 1位は両タイトルとも東京となったのだが、なんと『涙』はその東京で『AGEHA』の初週セールスの20倍以上の数字を上げた。さらに大阪でも、同様の現象が起きている。『AGEHA』リリースから約5か月の間に、アルバムリリースやライブツアーなどの精力的な活動で、東と西の中心地でファンを大幅に増やすことに成功したと考えられる。その他の地域では、ここまでの急激な増加傾向は見られないものの、各地で売上げを伸ばしている。今回の大幅セールス増は、昨今のGENERATIONSの勢いを感じさせる結果と言えるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

GENERATIONS「涙」13.9万枚を売上げ総合首位、平井堅ダウンロード1位
GENERATIONS from EXILE TRIBE『涙』 週間チャートを制覇、桑田佳祐『ヨシ子さん』猛追も届かず2位に
【Chart insight of insight】桑田佳祐はなぜ今もチャート上位に入るのか? 2曲同時に上位ランクインの秘訣。

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。