ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専用車両、トイレ、名前…女性にまつわる間違い経験

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日常生活を送るうえで、間違いがないように気をつけていても、ちょっとした「うっかり」が起こってしまうことはないだろうか。「女性専用車両」に乗ってしまったり、「女性トイレ」に入ってしまったり、彼女に向かって「違う女性の名前」を呼んでしまったり…。これまではなくても「明日は我が身」かもしれない。そこで、20~30代の男性会社員200人に上記3つの項目を間違ってしまった経験を聞いた(R25調べ・協力/アイリサーチ)。どのくらい「うっかり」経験があるのだろうか。

【もっと大きな画像や図表を見る】

■「女性専用車両」に乗ってしまったことある?

・ある 12.5%
・ない 87.5%

1割強が「ある」と回答。女性専用車両の設置されていない路線を使う人も多いためかこのくらいの数字に落ち着いた。では、乗ってしまった人はどんな心もとない気持ちになってしまったのだろう。コメントを聞いた。

「女性が不思議そうに自分を見てきたのですぐに車両を降りて確認したら女性専用車両だった」(29歳)
「何となく見渡すと女性ばかりでした。 視線も少し、感じた」(31歳)
「周りに女性しかいなくて不思議だなと感じていたら女性専用車両に乗っていたこと」(33歳)
「急ぎでとび乗ったら専用車両だった」(38歳)
「扉が閉まる直前に飛び乗ったらそうだった。すぐに車両を変わった」(39歳)

ほとんどがすぐに車両を変えた、というコメントだったが、中には「ガラガラだったので気づきにくく、座席に座って5駅先の目的地までそのまま乗ってしまった」(29歳)というツワモノも。ではお次は、女性専用車両よりももっと日常的に見かける「トイレ」について。

■「女性トイレ」に入ってしまったことある?

・ある 10.5%
・ない 89.5%

女性専用車両よりも、入るときに気をつける人が増えるのか10.5%という結果。確かに間違えたときに、より白い眼で見られるのはこちらかもしれない。男たちの言い訳を聞いてみよう。

「出ていく時に驚いた表情をされたが、何食わぬ顔でトイレから出て難を逃れた」(25歳)
「居酒屋で酔っていて女性トイレに入ってしまった。入り口の表示も青や赤、男、女じゃなくてわかりにくい図形になっていたのも要因」(28歳)
「母と偶然会ってびっくりした」(28歳)
「無意識で入ってしまった」(32歳)
「デパートでボーっとしてて、慌てて出た」(33歳)
「漏れそうだったので、女性トイレを使わしてもらった」(34歳)

「間違えて入ってしまった」という趣旨のコメントが多くを占めるが、最後の34歳のように故意に入るケースもあった。「うっかり」の人は、トイレに入っても小便器がないため気づくケースが多いようだ。最後に、同じく「女性」×「間違い」の組み合わせではあるが、趣向を変えてこんな質問をしてみた。

■「恋人の名前」間違えて呼んだことある?(うっかり元カノの名前を呼んだ経験ある?)

・ある 5.5%
・ない 94.5%

こちらの質問は「ある」の経験者はほとんどおらず5.5%。では、男たちはどんなときに間違えてしまったのか。エピソードを聞いた。

「口から他の女性の名前が出そうになったけどこらえた」(26歳)
「思わず出てしまって笑って抱きしめてごまかした」(28歳)
「ウトウトしてたら間違って呼んでしまった」(32歳)
「元カノの名前を呼びそうになって、誤魔化した」(34歳)

など、取り繕った人も多数。ただ、「間違えたら怪しまれて別れました」(31歳)など悲劇につながるカップルもあり、やはりここは細心の注意を払いたい。なかには、「彼女を実家で飼っている犬の名前で呼んだ」(37歳)や「仲の良い友達のあだ名を思わず言ってしまった」(26歳)なんてレアケースもあったが、これはむしろ笑いに変わっているかもしれない。

日常に潜む様々な「うっかり間違いシーン」。俺は大丈夫! と思わず、もし「うっかり」をしてしまったときのリカバリ術も身につけておきたいところだ。

(小笠原敦)
(R25編集部)

専用車両、トイレ、名前…女性にまつわる間違い経験はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

あなたは当てはまる?女性受けの悪い第一印象TOP10
愚痴、アピール過剰…転職者の約4割「面接で失言」
彼氏のドン引き行為、ダントツの第1位は?
デートの時間、鞄取り違え…オトコのうっかりエピソード
会社員が激白!勤務先の隠れたマイナス面TOP10

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP