ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ANARCHY、20年ぶり復活「さんピンCAMP」に大トリで登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最新アルバム「BLKFLG」をリリースしたばかりのANARCHYが、7月10日に東京・日比谷野外音楽堂にて開催されたヒップホップ・イベント「さんピンCAMP20」に登場。豪華アーティストが出演したイベントの大トリを見事に務め上げ、イベントは熱狂的な雰囲気の中で幕を閉じた。

「さんピンCAMP」は1996年7月、日比谷野外音楽堂で開催され、現在に至るまで語り草となっている伝説のヒップホップイベント。有志の呼びかけにより20年の時を経て復活することが発表されると、チケットは即日ソールドアウト。この夏の一大イベントとして注目を集め、当日は約3,000人の観客が会場を埋め尽くした。

晴天の中トップバッターとして般若が登場すると、既に満員となった客席から大歓声が挙がり、会場のボルテージはいきなり最高潮に。

その後、OZROSAURUS、RYUZO、漢 a.k.a. GAMI、D.O、田我流ら、現在のシーンを代表する豪華出演者陣に加え、20年前の「さんピンCAMP」にも出演したレジェンドであるRINO LATINA IIとBUDDHA MAFIAらが矢継ぎ早に登場。

各アーティストが熱のこもったライブを披露し、伝説のイベントの目撃者となるべく集結した約3,000人のファン達を興奮の渦に巻き込んでいく。

この日の大トリを飾ったANARCHYは最新アルバム「BLKFLG」のコンセプトカラーである黒い衣装に身を包み登場し、同アルバムからのナンバーを立て続けに披露。イベントが終演に向かう中、ANARCHYにの呼びかけに応じる形でNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの面々が久々にフルメンバーでステージに姿を表すと、誰もが予想しなかった8人の揃い踏みに、会場はこの日一番の熱狂に包まれた。

その後ANARCHYは過去の代表曲「GROWTH」「Fate」を出し惜しみなくパフォーマンスし、貫禄のステージを展開。ラストはメジャーデビュー・シングルである「RIGHT HERE」で観客の大合唱を誘い、伝説的イベントの大トリを見事に務め上げた。

イベントの模様はインターネットテレビ局「Abema TV」にて生放送され、日本全国のヒップホップ・ファンが伝説のステージの目撃者となった。

後日同局での再放送が予定されている。

関連リンク

ANARCHY OFFICIAL SITEhttp://avex.jp/anarchy/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP