ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

4Kテレビ 五輪開幕の1週間前は掘り出し物に出合える率高い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏はセールの季節。それは家電量販店も同じだ。特に今年8月にリオオリンピックが控えており、これから値下がりする可能性が高いのは4Kテレビだという。家電コーディネーターの戸井田園子さんがその理由を解説する。

「各量販店ともオリンピック前に売ろうと力を入れています。その分、6、7月の売り上げが低調なら、オリンピック前に大幅値下げの可能性があるのです。開幕1週間前に店舗へ行くと、掘り出し物に出合えるかもしれません」

 開会式は8月5日なので、7月末が狙い目ということになる。

 また、今年の夏は猛暑で、特に残暑が厳しいという予想がある。するとエアコンや扇風機が気になるところだが、戸井田さんは注意を喚起する。

「猛暑になって売り上げが伸びると、量販店は値下げしません。しかも繁忙期は施工業者が忙しく、スケジュールの融通が利かず、工事の質が下がることも。慎重に見極めてください」

 では、テレビ以外のお買い得家電は何なのか。家電コンシェルジュの神原サリーさんは「白物家電は年に1回、新商品が発売されますが、その前後で旧モデルが値下がりします。機能的には新旧あまり変わらないものも多いので、値下がりした旧モデルがお買い得です」と言う。

 この時期は特に、ドラム式洗濯機に注目だ。

「ドラム式洗濯機は8月下旬から9月にかけて新モデルが出始めます。すると、30万円近くした旧モデルが15万円くらいまで値下がりすることも。省エネタイプを選べば、電気代もあまりかかりません」

 その他、夏は冷蔵庫の購入もおすすめだ。

「新モデルが出る10月を前に、価格が下がり始めています。冷蔵庫は暑い夏に故障することが多いですし、9月になると品薄になって適したものが選べなくなってしまうので、買うなら今です」

 前出の戸井田さんは、空気清浄機をすすめる。

「花粉や黄砂のピークが過ぎたので、昨年秋のモデルが底値になっています」

 来春の買い換えを検討していた人は、今がチャンスだ。家電量販店では「展示品」「現品限り」など“在庫処分品”にお得な価格設定がされていることもあるが、これらを買っても損をしないだろうか。前出の神原さんは、展示状況で見極めるべきだと言う。

「家電の劣化は、通電によって進みます。なので、展示中ずっと通電しているテレビは、どれだけ安くなっていたとしてもやめておいたほうがいいでしょう。逆に狙い目は、オーブンレンジや電子レンジなどの調理家電。店頭で試用されるケースが少ないので、機能は保たれていることが多い」

 ファッションにしても家電にしても、このセールの期間をうまく使い、欲しいものを賢くお得に手に入れて、これからの夏本番を楽しもう。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
夏物家電や食器洗い機「値下がりしていて狙い目」と家電販売員
冬ボーナスで最新家電購入検討なら“半年待ち”が得の可能性も
5月に買うとお得な家電 特に炊飯器、洗濯機は狙い目

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP