ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

私の名前はパーカー。パークハイアットで「アンバサダー」をしています(米シカゴ)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

何もしなくても快適な生活を送れると、ホテル暮らしに憧れる人もいるようですが、五つ星の高級ホテル「パーク ハイアット シカゴ」に住んでいるのは、なんと犬!?

トレードマークは
バーバリーのスカーフ



彼女の名前はパーカー。アニマルシェルター「PAWS」に保護されていた隻眼のパグです。毎日ホテルの館内を自由に歩き回っている彼女ですが、フロントデスクの裏でお昼寝したりお客様のお相手をするなど、この生活を楽しんでいるよう。お散歩はスタッフが行っているんですって。

パーカーがこちらに住むことになったきっかけは、同ホテルとパートナーシップを結んでいるPAWSから「ちゃんとしつけられたペットでさえ、ずっと面倒を見てくれる家を見つけるのはむずかしい」という話を聞いたためだとか。

ただ毎日をのんびり暮らしているわけではありません。シェルターアニマルにもっと関心を持ってもらい、家へ連れて帰ってもらえるペットを増やすための「アンバサダー」というお仕事もしているんですよ。

そのPR力は抜群で、彼女の“仕事”や生活は、多くのアメリカメディアに取り上げられています。

欧米の様々なホテルではこちら同様、動物を飼っているところも。ニューヨークの老舗「アルゴンキンホテル」は猫のマスコットが有名ですし、マイアミにある「ザ・リッツ・カールトン キービスケーン」にはコンゴウインコ、パリの「Le Bristol」にも猫がいます。

看板ペットのいるお宿、ついつい訪れてたくなってしまいますね。

Licensed material used with permission by Park Hyatt Chicago,kelseycairo,ascendchc,riddlemethis500

関連記事リンク(外部サイト)

7月1日より、フランスで「レジ袋」の配布が禁止に
えっ本当!?8割の犬はハグが嫌い(研究結果)
男って実は、こんな生き物なんです。女性が知らない19の本音

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP