ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性に必須の栄養素!“亜鉛”はお肌にも髪にも爪にも効果的!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もっとキレイになりたい! ということで、ビタミンCやビタミンA、Eなどを意識して摂っている方も多いでしょう。でも、今日注目したい栄養素は“亜鉛”です。亜鉛を摂ることで、ツヤツヤの美しい髪や美肌になることができるのです。

体内の“亜鉛”の働きは?

亜鉛はタンパク質の合成を助ける働きのある栄養素で、体の新陳代謝と関わっています。体内の亜鉛の70%は筋肉に25%は骨の中に、残りは血中や肝臓などにありタンパク質と結合しています。亜鉛の働きにはさまざまありますが、最も大きいのが体の細胞分裂を促進すること。そのほかにも活性酸素を除去したり、酵素を活性化したり、免疫力を上げる働きもあります。

“亜鉛”でアンチエイジングや美肌ができる

亜鉛は体の新陳代謝に関わっているので、お肌のターンオーバーにも亜鉛は必要です。亜鉛が不足すると、タンパク質の一種であるコラーゲンも作れなくなってしまいます。モチモチの美肌を作るには、コラーゲンの生成を助ける働きをするビタミンCと一緒に摂るようにすれば、なお効果的。亜鉛がお肌の新陳代謝に関わっているということは、紫外線によって生成されるメラニン色素の排出にも一役買っているということ。シミやシワ、たるみを防ぐアンチエイジング効果もバッチリなのです。

“亜鉛”を摂ればツヤツヤの美髪になれる!?

髪の主成分はタンパク質の一種のケラチンです。タンパク質を合成するには亜鉛が必要なので、亜鉛不足では、髪の毛もパサパサに弱ってしまいます。髪の毛も新陳代謝をするので、亜鉛を摂れば髪の細胞が次々に生み出されていきます。ハリやツヤのある美しい髪を作りたいなら、意識して亜鉛をとりましょう。もちろん抜け毛の悩みにも亜鉛は効果的です。

“亜鉛”はどんな食べ物から摂れる?

亜鉛を多く含む食品は、牡蠣、豚肉、豚レバー、牛肉などです。特に牡蠣は亜鉛の含有量が多く、女性なら3個ほどで一日の必要量がまかなえるほど。これ以外にも、乾燥ワカメやシイタケ、卵白などにも亜鉛は多く含まれています。亜鉛はクエン酸やビタミンCと組み合わせて食べると吸収率がアップします。牡蠣にレモンを絞って食べるのは理にかなっているのですね。逆に、ナッツや豆類、食物繊維は亜鉛の吸収を阻害するので気を付けましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP