ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もったいなくて食べられない!ゴッホやマグリットの作品を閉じ込めたロりポップがステキすぎる♡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

幼い頃よく食べた棒付きキャンディ。大人になった今はめったに口にする機会がなくなったけど、こんなキャンディなら欲しくなってしまうかも?

・アートをあしらったオシャレなキャンディ

ハンドクラフトマーケット「Etsy」のショップ「LIQNYC」で販売しているのは、有名アートをモチーフにしたロリポップキャンディ。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」や、ゴッホの自画像や「星月夜」などの絵画がキャンディの中に閉じ込められているんです。

どのようにして作っているかは不明ですが、さとうきびから作った甘藷(かんしょ)糖、水、乾燥卵白などを使用しているのだそう。

・もったいなくて食べられないかも?

このほかアート系では、緑のリンゴで顔が隠された、ルネ・マグリットの「The Son of Man」など、かつて美術の教科書で見かけたような有名アートがラインナップ。

また、パンジーや蝶をあしらったキュートなものから、惑星や鳥の羽根をデザインしたクールなものまでバラエティ豊かです。

美しすぎて食べるのがもったいなくなってしまいそうですよね♪

デザインにもよりますが、価格は6本セットで957円~とお手頃。

見ているだけでも楽しいので、気になった方はぜひLIQNYCをチェックしてみてくださいね!

Etsy(LIQNYC)
https://www.etsy.com/jp/shop/LIQNYC?ref

・ハンドメイド(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP