体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とくP&MAIRIA(GARNiDELiA)の“はじめてのらいぶはうす” 潜入レポート

garnidelia_01

10月4日、夕方の下北沢。『ニコニコ動画』や二次創作ワークショップへの楽曲提供等で名を馳せるtoku氏とMARiA氏によるユニットGARNiDELiAが初のライブハウスイベントに出演する事を聞きつけ、下北沢のライブハウスMOSAICへ勝手に(?)潜入取材してみた。

ライブレポ編

会場のオープン時間を待たずして、既にお店の外に数十人の列ができていた。ライブハウスのラウンジでは既にこれから始まるライブに期待を募らせオーディエンスの声が徐々に声高らかになっていくのを記者は感じた。SEが鳴り始めフロアの観客の期待が頂点に達した時、GARNiDELiAの2人がステージに姿を現しライブがスタートする。

garnidelia_02

1曲目からVocalのMARiA氏はフロアにいる一人一人の目を見つめるように、詩を歌声に乗せて観客へ届ける。一方、toku氏はCoolな佇まいでGARNiDELiAの音世界を指を通して紡ぎ出す。

garnidelia_3

2曲目に演奏された『Color』は2011年1月からAT-X他で放送されたアニメ『フリージング』主題歌に抜擢された曲である。ここで観客達のいるフロアに目を向けると、最初は周りの反応を見つつ静観していた人達もバンドの演奏に身を委ねMARiA氏のコール&レスポンスに答え両手を掲げる姿が印象的だった。

garnidelia_04

短いMCトークをはさみ、前半2曲とは雰囲気を変えた幻想的な曲の演奏が鳴り響く。マイクスタンドに施されたLEDライトによる電飾とライティングによる演出が視覚と聴覚の両方を刺激して脳内のシナプスに訴えかけ、フロア全体が恍惚の表情を浮かべる。蛇足までにの時点で記者は会場の熱気に当てられ既に汗だくであった……。

garnidelia_05

曲が終わり静寂の中、最後の曲のアナウンスが流れると終わりを惜しむ声に包まれつつも、そこにいる観客全員がステージから発信される音を最後まで余す所なく受け止めようとする姿がそこにあった。ライブ終了と共に客電がついた会場では、GARNiDELiAの生のライブを見届けて満足げな観客の嬉々とした声が響く……。

-そしてステージが終わりまだ熱気が冷めやらない中、楽屋にお邪魔してGARNiDELiAの2人に突撃インタビューをしてみた。

インタビュー編

garnidelia_06
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会