体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トラブル回避!海外ホテルを予約するときに必ず確認したい4つのポイント

インターネットの普及により、さまざまなホテル予約サイトを通じて海外のホテルが簡単に予約できるようになりました。それ自体は大変便利で喜ばしいことですが、簡単ゆえに重要事項を見逃してしまい後悔することにもなりかねません。海外ホテルを予約する際に必ず確認しておきたい4つのポイントをお伝えします。

■あわせて読みたい
要チェック!航空券予約と渡航時期が最も安いタイミング2016年版が判明
夏休みの旅行予約、今がリミットの国は?宿予約でベストな時期が都市別に判明

キャンセル料や前金の有無

トラブル回避!海外ホテルを予約するときに必ず確認したい4つのポイント

日本国内の宿泊施設は宿泊日の数日前までは無料でキャンセルできることが多いですが、海外ホテルの場合は千差万別。予約するサイトや宿泊施設によっては予約した時点でクレジットカードに請求がなされ、予約をキャンセルしても一切返金されないケースがあります。あるいは宿泊日までの日数にかかわらず、キャンセルする場合は一定のキャンセル料を支払わなければならないことも。

また、ホテル予約サイトによっては前金として予約段階で宿泊料金の一部の支払いを求められる場合があります。

トラブル回避!海外ホテルを予約するときに必ず確認したい4つのポイント

予約しようとしている部屋が無料でキャンセル可能かどうか必ず確認しましょう。可能な場合も宿泊日の2週間前から当日までと宿泊施設によってずいぶん幅がありますので、無料キャンセルの期限を確認するのも忘れずに。

約段階で前金を支払う必要がある場合は、キャンセルした場合に前金が返金されるのかどうか把握しておきましょう。

同じ宿泊施設、部屋タイプでも返金不可の場合は安く、無料キャンセル可の場合はやや高めに料金が設定されていることもあります。予定が確実でない限り、キャンセル料がかかる部屋はできるだけ予約しないのが賢明です。

立地

トラブル回避!海外ホテルを予約するときに必ず確認したい4つのポイント

ホテル予約サイトの説明文には「街の中心部に位置」などと書かれていても、観光客が考える中心部からは離れていることが少なくありません。説明文を鵜呑みにせず、地図やガイドブックで実際の位置を確認することが重要です。

さらには、「思ったより不便な場所だった」くらいで済めばまだいいですが、多くの国ではある程度の規模の街になると治安がよくないエリアがあることも多いものです。世界一の観光都市で、日本人も多く訪れるパリにもそういった地区があります。

何も知らずに治安の悪い場所に宿をとってしまうと大変。滞在先に治安の良くないエリアがないかどうかガイドブックなどで確かめて、もしあるようならそのエリアを避けるようにしましょう。

宿泊者の口コミ

トラブル回避!海外ホテルを予約するときに必ず確認したい4つのポイント

海外では日本に比べ、実際よりも極端に良く見える写真を掲載しているホテルが多い印象です。施設の写真として掲載されているイメージは、残念ながら必ずしも現実を反映しているわけではありません。そういったイメージに踊らされてがっかりしないよう活用したいのが宿泊者の口コミです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。