ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

紙幣でおなじみの聖徳太子 身長は推定180cm体重78kg

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小学生の頃から学んできた日本史。だが、教科書に載っている歴史上の偉人の顔は思い浮かんでも、その身長や体重までを想像したことは、ほとんどないだろう。あの偉人はいったいどんな体型だったのか。

 これまで7種類の紙幣の肖像となった聖徳太子。だが、笏(しゃく)を捧げ持った細面は思い浮かんでも、その体型となるとよく分からない。そんな歴史上の疑問を解き明かしているのが『日本史有名人の身体測定』(KADOKAWA)の著者・篠田達明氏だ。彼は歴史小説家でありながら、現役の整形外科医でもある。篠田氏がこう語る。

「聖徳太子の身長は180cm、78kgと推定しています。平均身長が160cmの飛鳥時代では大柄。根拠となったのは法隆寺の夢殿に保存されていた救世観音です」(以下、「」は篠田氏)

 この観音像は聖徳太子の等身大であると伝えられてきたが、1000年以上、秘仏として布に巻かれたままだった。

「開封すると呪われるという言い伝えがあったため」

 だが、明治時代に米国人の東洋美術史家・フェノロサが永い眠りを解き、聖徳太子の身長が判明した。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
存在感薄まる聖徳太子 十七条の憲法の功績も否定され始める
聖徳太子 死因は天然痘説が有力だが暗殺説も根強い
聖徳太子 実在疑問で教科書での存在が年々薄くなっていった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP