ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上杉隆氏の公約 五輪組織委の白紙改編、森喜朗会長の勇退も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャーナリストの上杉隆氏(48)が、7月14日に公示・7月31日に投開票される東京都知事選に出馬する。7月12日、政治の師だった故・鳩山邦夫氏のお別れの会を終えてから、正式に表明するという。上杉氏は完全極秘のなかで出馬準備を進めるなか、本誌に決意を語っていた。上杉氏の公約は、政党や都議会に利害関係がないからこそ唱えられる大胆な提言である。「東京を、必ず変える」と宣言した同氏は、何をどう変えたいのか。

 * * *
 一番は都税の無駄使いの象徴・東京五輪です。当初案4500億円から4倍の2兆円に増えたんですよ。東京を変えるにはまず現在の五輪組織委員会を一旦白紙改編します。森喜朗会長も敬意を持って勇退してもらいます。

 私は、石原都政の頃から東京五輪について取材を重ねて来ています。2009年には招致活動でコペンハーゲンのIOC総会にも同行しました。当時の石原さんのコンセプトは明確でした。成熟した世界都市になるためには2回の五輪が必要だと。1回目は発展途上の国の国威発揚のため、2回目は都市の成熟度を高め、真の世界クラブの仲間入りを示すものとして、東京はアジアで初めて2回目の五輪をやる都市になるということでした。

 成熟した都市としてやる以上、コンパクト五輪としてすでに都で用意した財源の4500億円の予算内でやろうというのが当初のコンセプトでした。そのための財源として、当時の大塚俊郎主税局長をリーダーとする石原チームが、外形標準課税(銀行税)という驚きの政策を打ち出し、銀行との裁判用にと積み立てていた基金が5000億円ほど。その財源内で収まるように五輪をやるはずだったんです。

 ところがご存じのとおり、その後、予算は膨れあがっていった。スタジアムも本来は改築で1000億円で済むはずだったのが、一度は2520億円までになった。私のメディアチーム「NO BORDER」は新国立競技場問題を誰よりも早く追及し、1550 億円まで減額させたという自負もあります。いまから総予算を4500 億円に戻すことは難しいかもしれないけど、それに近づけることはできるはず。だいたい1脚9万円の木製椅子(※)なんてばからしいじゃないですか。

【※新国立競技場は、自民党の要望でプラスチック席を木製の座席にすることが検討されている。その場合、1脚9万円で最大60億円、さらに維持費が年間2億円かかるとされている】

 そのためには、まず失敗と混乱続きの五輪組織委員会を一旦解散すること。現在、顧問が178人もいて、理事や委員も含めると200人以上になる。しかも、都庁ではなく家賃が日本一高いと言われる虎ノ門ヒルズに事務局を借りている。実際には、都庁のオリンピック準備局こそが、優秀な職員を中心に動いているんです。

 本来は、彼らにもっと任せるべきで、その上で、組織委には石原都政の時代に五輪招致に関わった「井戸を掘った人たち」に戻ってきてもらう。そうした改革の象徴として、カネの使い放題だった森さんには名誉ある勇退を勧めたいと思っています。

※週刊ポスト2016年7月22・29日号

【関連記事】
ゼネコン幹部「五輪に向け震災復興事業技術者を東京に転移」
細川都知事誕生なら森喜朗・東京五輪組織委会長の“更迭”も
ゼネコン各社 五輪施設の発注本格化で都庁OB採用積極化か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP