ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「iPhone7」はきっとこう変わる?最新の3D予想にワクワク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年秋のリリースが期待されているiPhone7ですが、一時期の「iPhone狂想曲」はやや鳴りをひそめ、着実なマイナーチェンジが予想されているところ。

とは言っても、iPhone7PROの話題や、CPUのアップデート、デュアルカメラレンズ、防水防塵機能など、つねにウワサや期待は尽きることがありません。

ここでは、いつもiPhoneの秀逸な予想デザインを打ち出すことでおなじみ、Martin Hajekさんが作った3Dコンセプトを紹介しましょう。

01.
新色にスペースブラック?

Apple Watchのカラーバリエーションのように、濃い黒の「スペースブラック」がラインナップされるのでは?というウワサに対して、マーティンさんが公開したコンセプト画像がこちら。

02.
イヤホンジャックは
見当たらず…

かねてよりウワサになっていた「イヤホンジャックの廃止」を受けて、Lightning変換アダプタをイメージしたもの。3.5mmイヤホンジャックがなくなることで、より薄さと軽さにこだわるのでしょうか。

またワイヤレス化も期待されていましたが、このLightningタイプが同梱されてくるのでは?というのが彼の予想。

03.
ホームボタンは
感圧式に?

現状は少し凹んでいる「ホームボタン」ですが、iPhone7では「感圧タッチ式」になるというのもよく聞くウワサ。実際にブラックカラーでイメージしてみると、この写真のような感じになるのでは。

04.
カメラレンズが
大きくなる?

左がマーティンが予想するiPhone7のカメラレンズで、右は6S。「PRO」や「PLUS」ではデュアルカメラのウワサもありますが、彼のコンセプトイメージではレンズがひと回りほど大きくなっていますね。いずれにせよ、大幅な高画質化の流れが期待されています。

05.
ダークブルーも
出るんじゃない?

マーティンさんのレンダリングには、「ダークブルー」も予想されています。少し落ち着いたトーンが印象的ですね。もしリリースされた場合、傷が目立たないかどうかが気になるところ。代わりに「スペースグレイ」は廃止になるというウワサも…。

例年通りだと9月に発表が行われる新型iPhone。残り2ヶ月ですが、これまた例年通りさらなるリーク情報が飛び交いそうですね。

Licensed material used with permission by Martin Hajek

関連記事リンク(外部サイト)

夢は「Apple博物館」館長。15歳少年が集めた、世界屈指のコレクション

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP