ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今カップルに話題の撮影サービス「ラブグラフ」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「DIANA Shoes ON FASHION」では、毎週、さまざまなファッションのカタチ、アイデアを提案しています。花火大会、お祭り、キャンプなど、夏は楽しいイベントが盛りだくさんなので、写真を撮る機会も多くなりますよね。ということで、7月10日のオンエアでは、今、口コミで話題のカップル撮影サービス「ラブグラフ」をご紹介しました。

一体どんなサービスなのでしょうか? 株式会社ラブグラフの代表取締役社長・駒下純兵さんにお話をお聞きしました。

「全国に200名ほどカメラマンがいまして、現地にいるカメラマンが現地でカップルを撮ってあげるサービスです。地元の人だからこそ知る場所だったりとか、地元の人ならではの話し方だったりとか、あとは東京のカメラマンを北海道に呼んじゃうと、それだけ交通費がかかってしまうことが起こるんですけど、北海道のお客さまは北海道のカメラマンが撮ることで、それだけ交通費を下げられるのが “ラブグラフ”の特徴です」と駒下さん。

カップルや家族のお出かけにカメラマンが同行して、自分たちでは残せない自然な姿を写真にしてくれるこのサービス。対象地域は、北は北海道、南は沖縄まで日本各地だけでなく、アメリカ、カナダ、フィリピンといった海外にもカメラマンがいるとのこと。誕生日、記念日など特別な日の依頼が多いそうです。

「自撮りとかで自分たちで簡単に写真を撮れるようになったからこそ、カメラマンに撮ってもらえる価値がすごくわかりやすくなったかなと思います」(駒下さん)

ラブグラフのカメラマンさんたちは、“自然な姿を撮る”ことを特に意識されているそうです。話しているところや、笑っているところなど自然な感じは、自撮りでは撮れないですよね。

ラブグラフへの依頼はサイトにある専用フォームからでき、当日はあらかじめカメラマンさんと決めておいた場所で撮影。時間は大体1時間から2時間くらいで、1週間以内に撮影したデータを送ってもらえます。料金やその他のオプションなど詳しくは、ぜひラブグラフのHPでチェックしてみてください。サンプル写真もあって参考になりますよ!

このラブグラフでは、写真を学びたい人のための、カメラ講座も行っているそうです。そこで、今回はラブグラフに所属するカメラマンの花田和奈さんに、写真と撮るとき、撮られるときのコツを伝授していただきました。

■写真をかわいく撮ってもらうコツ!

せっかく気合いを入れてコーディネートしたなら、かわいく写りたいですよね。そこで花田さんから、こんなアドバイスが。

「モデルさんとかタレントさんとかのポーズをマネしてみたりとか、雑誌のポーズをマネしてみたり。最近だとりゅうちぇる&ぺこさんのカップルとか、すごくファッショナブルですよね。知っている方のポーズとかマネしやすいと思うので」(花田さん)

印象的に見せるために“有名人のポーズをマネしてみる”。すぐにできるので、ぜひお試しを♪ 

■夏にオススメの撮影スポット!

「都内ですと、やっぱり海辺がすごく爽やかで良いと思います。人気スポットだったらお台場とか。海をバックにすると水面が太陽でキラキラしたりキレイですし。夕方はシルエットがすごくロマンチックな感じで撮れたり、いろんな表情の写真が撮れるので、海辺はすごくオススメです」(花田さん)

ちなみに、隅田川周辺も公園があるのでオススメなのだそう。

ラブグラフのサイトには、いろいろな個性を持ったカメラマンさんたちの作品が掲載されているので、一度覗いてみてはいかがでしょうか♪

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

同性カップルを認める「パートナーシップ証明証」とは(2016年05月01日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1494.html

izuの「スーパーかわいい」自撮りのコツ(2016年06月26日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/izu.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP