ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】フランス・ジャパンエキスポの銀魂コーナーが「あまりにもシュールすぎる」と話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスのパリで開催された、世界最大級の日本文化イベント「ジャパンエキスポ2016」。2016年7月7~10日の期間で開催され、世界中から数十万人の来場者が訪れたと推測されている。

・日本文化に触れられるイベント
そんなジャパンエキスポは日本文化を世界に伝えるべく、漫画、アニメ、技術、伝統、歴史、和食など、あらゆる日本のカルチャーがコーナーを作り、来場者を楽しませている。

・雰囲気がシュールすぎる
そんななか、人気漫画「銀魂」のコーナーが来場者たちの間で話題となっている。あまりにも銀魂コーナーの雰囲気がシュールすぎるというのだ!

・店員がパイプ椅子に座っているだけ
銀魂コーナーでは銀魂グッズの展示や販売をしているのだが、女子店員がパイプ椅子に座っているだけ(笑)。展示されているグッズは「銀魂のれん」と「銀魂の飾り文字」。あとは銀魂グッズをメインに、他作品のグッズをテーブルに並べて売っている。

・銀魂ファンは戸惑いを隠せず
女子店員は表情こそニコニコしているものの無口。銀魂ファンがコーナーを訪れてもノーメントで座っているだけ。銀魂に対する熱い情熱はあるようだが、来店した銀魂ファンは戸惑いを隠せない様子だった。これはこれで、銀魂らしいといえばそう言えるかもしれない……。

ちなみに、ジャパンエキスポでは「なぜか韓国ショップ出店」や「おにぎり2個680円」など、日本を驚かせる出来事が発生している。

https://youtu.be/65cf1P_I9lo

もっと詳しく読む: ジャパンエキスポの銀魂コーナーがシュール(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/07/10/japan-expo-gintama/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。