ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Rie fuが驚いたシンガポールの音楽シーンとは

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜19時からの番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。7月9日のオンエアではシンガーソングライターのRie fuさんをお迎えし、2014年から約2年間過ごしたシンガポールのアートや食文化について伺いました。

さまざまなアジアの文化が融合したシンガポール。これからの経済成長を期待されていますが、国の歴史も50年とまだ浅いため、文化面にも力を入れているそうです。そんなシンガポールのイーストコーストエリアに住んでいたというRie fuさん。海の近い街に住んでいたそうで、貿易船が多く停泊している貿易港からマリーナベイ・サンズまで、サイクリングをして過ごす生活をしていたのだとか。

また、音楽以外でも精力的にアートに挑戦。シンガポールでは日本大使館のクリエイティブセンターの方と知り合い、昨年は風景画の個展を開いたのだとか。テーマは、「工事現場」。クレーン車や働く人々の「風景だけど常に完成に向かっている」という部分に興味を持ち、描き始めたそうです。個展では、日本の工事現場とシンガポールの工事現場の風景画を展示、地元のシンガポールの方も集まり、ライブをしたりとアットホームな個展になったそうです。

ライブといえば、シンガポールにはミュージック・バーが多いのだとか。ライブ音楽を聴きながら飲食が出来るバーで、そこでRie fuさんはあるバンドに、その場で話しかけてセッションしたそうですが、なんと今年の1月のRie fuさんのワンマンライブでは、今度はバックバンドとして参加してもらったのだとか。

「マレーシア人とかインド人系の人たちなんですけども、私も住んで2年くらい経っていたので、肌がもうそれに馴染むくらい、全然違和感ない雰囲気になって(笑)」

そんなRie fuさんですが、シンガポールの音楽シーンの独特さには、驚きを隠せないようです。

「ローカルな伝統音楽が多いのかな?と思ったら、意外と、アメリカのビルボードTOP40みたいな音楽が多かったり…。気候は暖かいので、レゲエとかダブとか似合う気候なんですけど、そういうのやっている人は全然見かけないですね」

エリート志向の強い国だそうで、アーティストよりも音楽の先生になる人の方が多いのだとか。そんなシンガポールの音楽シーンの今後に、Rie fuさんは期待を寄せているそうです。

Rie fu:これからもっともっと、枠を飛び越えて、エキセントリックなものができてくるといいかなって、個人的には楽しみにしていますね。

葉加瀬:歴史の流れ的にはそういうのが生まれてくるよね。いろんな音楽を取り入れていって、それが熟していくと、そういう精神的なものが必ず生まれてくるからね。

Rie fu:いろんなアジアの文化が混ざっているので、地元のアートスクールでビックリしたのが、ガムランのインドネシアの楽器が部屋中にワーっと並んであって、その環境はいいなと思いましたね。

7月6日には、デビュー10周年で10枚目のアルバム「O」が発売されたRie fuさん。MVやジャケットもアジアを巡る旅の中で、出会った人や風景を元に作られたそう。「どんな環境でも国でも共通する笑顔になれる愛や優しさ、そんな大きな共通点を発見することが旅です」と旅への思いを語るRie fuさん。そんな想いが込もったアルバム「O」は、絶賛発売中。ぜひチェックしてみてください!

【関連サイト】
「ANA WORLD AIR CURRENT」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent

清木場俊介「気づいたらEXILEだった」(2016年06月23日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/06/exeie.html

藤巻亮太、ヒマラヤで「3月9日」歌うも途中でやめる(2016年05月22日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/39.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP