体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【復興支援】夏を満喫♪「べっぷ火の海まつり」と夏のおすすめスポット

【復興支援】夏を満喫♪「べっぷ火の海まつり」と夏のおすすめスポット べっぷ火の海まつり

「九州復興支援」企画の2回目は湯の街、別府です。

地震の影響で観光客が減少している地域を元気に!という意味もあって開催される「べっぷ火の海まつり」は例年以上に盛り上がること間違いなし!

夕涼みワイワイ市や屋台村、DRUM TAOの演奏、花火大会、そしてスライドシティなど、期間中に開催される様々なイベントを存分に楽しんでください。

グルメなら暑い夏にピッタリの別府冷麺がおすすめ。少しヒンヤリしたところで、湯の街だからこその良質の温泉にゆっくり浸かりましょう。

長い夏の夜は期間限定でオープンする夜の水族館を楽しむのもオツなもの。ライトアップされた姿は美しく、夜のショーは幻想的な光景にうっとりしてしまいます。

朝から夜まで、エネルギーあふれる別府エリアの観光を楽しんでみては?

別府の震災被害と復興状況

去年の夏より元気な別府にパワーアップ!

熊本地震では別府市も大きく揺れ、当初は高速道路など交通アクセスの寸断など少なからず影響がありました。

それでも、現在では別府市内のほとんどの旅館、ホテル、温泉施設、観光名所などは通常営業を行っています。

別府エリアの魅力って?

多様な楽しみ方ができる温泉力日本1の温泉天国!

温泉の源泉数、湧出量ともに日本一を誇る湯の街・別府。街に入るとあちこちから湯けむりが立ちのぼり、「あ~温泉に来たんだ」と実感します!

市内には7種類の泉質の温泉が湧く8カ所の温泉郷「別府八湯」があり、好みに合わせた湯めぐりで1日過ごすこともできます。

また、血の池地獄・海地獄など市内に点在する8つの地獄を回る「地獄めぐり」は別府観光の定番。地球のエネルギーを体感できる神秘のスポットです。

懐かしい路地を散策する街歩き、名物地獄蒸しや別府湾の魚介といったグルメなど、温泉以外にものんびりいろいろなことが楽しめるエリアです。別府

市内には100カ所を超える共同湯があり、暮らしの中に温泉が息づいている 別府観光協会

TEL/0977-24-2828

「別府観光協会」の詳細はこちら

べっぷ火の海まつり

7月29日~31日の3日間はいっぱい食べて、いっぱい遊ぼう!

今年は夏祭りの名称を、1977年から97年まで使われていた「火の海まつり」と変更!長年、別府を代表する祭りとしてにぎわっていた祭りを別府復興の起爆剤にしようと力を入れています。

日程は7月29日(金)~7月31日(日)の3日間。

29日と30日は別府駅前通りで「夕涼みワイワイ市」。歩行者天国となった通りには露店の定番メニューや多国籍メニューの露店が登場します。

29日~31日は海門寺公園に美味しい専門が集まった「べっぷ屋台村」がオープン。カラオケやダンスなどのイベントが盛りだくさんです。べっぷ火の海まつり

海門寺公園に集結したべっぷ屋台村!専門店の料理がいろいろ味わえる

30日の別府スパビーチでは熊本・大分復興支援として「DRUM TAO LIVESTAGE」を開催。31日には同じく別府スパビーチで納涼音頭大会、20時からは6000発が打ち上がる「納涼花火大会」も催されます。

また、昨年、別府市の富士見通りで開催されて大人気だったスライド・ザ・シティが、今年は「べっぷ火の海まつり」と同時開催(7月29日~31日)! 超巨大温泉スライダーが再び別府に出現します。(会場:別府公園)

別府の街が熱くなる3日間、思いっ切り楽しんでください!べっぷ火の海まつり 童心に帰って、金魚すくいにチャレンジしたくなるのも夏の夜だから…べっぷ火の海まつり

別府湾に浮かぶ台船2隻から打ち上げられる花火!今年は県内最大級の6000発が上がる! べっぷ火の海まつり

TEL/実行委員会事務局 電:0977‐24‐2828

住所/大分県別府市内各所

営業時間/イベントにより異なる

アクセス/車:大分道別府ICより20分

駐車場/なし

「べっぷ火の海まつり」の詳細はこちら

熊本・大分復興支援DRUM TAO LIVESTAGE

復興支援のためにビーチで繰り広げられる迫力の太鼓演奏。

7月30日(土)別府スパビーチで披露されるのが和太鼓グループ「DRUM TAO」の公演です。

TAOは結成23年、世界22ヶ国700万人を動員し、今年2月にはブロードウェイデビューを大成功に収めた、大分県竹田市久住町を拠点に活動しているグループです。

鍛え上げた肉体から放たれるダイナミックかつ統率がとれた舞台は想像を超えるドラム・アート。

伝統楽器を用いながら、多彩なジャンルのメロディーを取り入れた勇壮な演奏と舞台構成は観るものを惹きつけて離しません。

熊本・大分復興支援として無料で開催されるLIVEイベントは、花火との共演を交えたこの日だけの特別な演出です。TAOの熱いLIVEを是非お見逃しなく!!!和太鼓グループ「DRUM  TAO」
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。