ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【握手ソムリエレポ特別篇】GNZ48遠征レポ 「南方戦線異常あり」

  • ガジェット通信を≫

久しぶりの更新ですみませんm(__)m
私は、首の椎間板ヘルニアで現在あまりブログが書けない状況が続いておりますが、今回は握手ソムリエさんが広州でGNZ48の握手&公演レポを提供してくれました!握手ソムリエさん本当に感謝しておりますm(__)m

冒頭の写真はGNZ48劇場が入っているショッピングモールの入口だそうです。メンバーを出入り口で見送りできるっていいですね~(^-^)

それでは握手ソムリエさんのレポートをお楽しみください!

初めに…
まいど小生のレポを楽しみにしてくださっている方、表現が寒いだのオッサンだの叩くのを期待している方、お待たせいたしました!
ちょうどバカンス中に行こうと予定しておりましたが、なんとその日に初の個別握手会をするという奇跡…我ながら持ってるなと思いました。ヲタ卒するのはいつの日か。

まずこちらの写真をごらんください。どうですかこの大行列(泣)


なぜこういうことになったか…原因はたくさんあると思いますが、現地ヲタからも聞いた中でまとめると以下の要因が大きいかと。
握手券がたかい。生写真3パック(180元)で一枚とか、知る限り最もレート高い握手券でした
しかも剥がしは10秒w あんた鬼かい…ただスタッフによっては30秒とかおまけしてくれたり、メンバーが…という事もw詳しくは本編で。
個別は新規にはハードル高すぎ…事故った時の損害が半パない

1.チームG公演篇

金曜日に到着し、JKTでお世話になってるロリ好きなDDの方(本人は否定w)と初劇場。既に行った方もいらっしゃいますが、日本人が設計したので、日本の劇場とよく似た造りです。ただ横が非常に広く、花道まであるので、ユニットだと端は見えませんw
かといって、花道に推しが来るのを狙う楽しみもあるので、そこはひとそれぞれかと…

チケットは上海と同じ機械発券。連番がそろそろ出来るようですが、今はまだ交渉が必要ですね。引きは2列目上手端のブロックと2列目真ん中。金曜は比較的VIP席空いてるので、連れの方は、端は干して3列目に移動しました。

メンバーの名前まったくと言っていいほど分からない状態でいったので、非常に真剣に見ました。すごい楽しかったですね。同じ公演ⅩⅡがやってるのも少し前に見ましたが、明らかにこっちのがいいです。末っ子チームと旗艦チームで、3チームで同じセトリで競ってるので、気合違います。

センターにはほぼレイレイがいました。推されセンターやエースには否定的なんですが、この娘は見たら納得です。観たら誰も文句言わないでしょう。オーラばりばりです。

公演で面白いと思ったのは、AKUMAとCK。知らなかったけど、隊長はCKだったんですね。以前上海で見たときと別人でした。すごいキレ可愛くなってたし、客席にレス攻撃するのはすばらしいですね。私もレスラーなんで、沸きましたw

公演批評は某Bちゃん推しの方のが的確なんで、細かいところは省きますwくわしくはようつべでもチェックしてくださいww

2.チームG握手会篇

いよいよメンバーにとっても初個別の日です。前述のメンが気になったので、事前の準備としてweibo(中国版ツイッター)にコメントして降臨予告wこれが結構効果ありました…

この日はJKTヲタの型の友人の方も参加し、また、現地在住の方2名も参加。券高いんで、私は2枚。他の方は1枚握り締めて、ピンチケ精神で参加しましたwこういう感覚普段味わえないですね。
よって、今回の握手レポはメンバー少ないです。他のメンについては、総選挙翌日の握手に行けたらまたレポするかも…期待せずにお願いします。

周倩玉(ジョウ・チェンユー/ニックネーム:akuma)

実は公演見る前に、配信で予習してる時から気になってました。キャラが面白いなと。
実際公演で観たら動きがコミカルで目をひきます。ただ、前日途中で気管支に異常あって、途中退場したんで、心配してました。それは心配ないて言ってたんですが、ブース入ってすぐ、●●さん?て呼ばれました。すごい驚きましたね…でも昨夜コメントしたの読んでたら、日本人なら小生だとわかりますよねw
上記の理由で、彼女のところ行った日本人一人だけですから…この時点ではこの娘応援しようかと思ってたのに…

枚数:1枚 評価点:70点
時間短いからまだ全体見えません。努力は認めます

陳珂(チェン・クー/ニックネーム:ck)

並びがピンイン順なんで、この娘が一番手前にいますが、まあ誰もいない。というか、ヲタが握手してないwメンが暇そうにしてるのみると辛いですね…選挙中でなければもっと買えたんですけど…
握手ですが、頑張って日本語で挨拶してくれました。間違えてるけどw僕はCKですってアニメで日本語勉強した外国人女子にありがちなミス。イートンも昔そんな感じでしたww
で、これだけで剥がしきたんですけど、メンバー自ら女性スタッフを制止。結局40秒かな。
さすがにちょっと偉そうなスタッフが来て終了wでもうれしいですよねただ、過疎で暇だからヲタがいないと辛かっただけかもしれませんが、俺得でしたw

枚数:1枚 評価点:80点
隊長の重圧あるようですが、これから期待です

<番外>
一緒に行った人がレイレイ、ペイペイ×二人いってましたが、レイレイは凄いらしいです。日本人初握手ゲットしたから、これから巨巨になるでしょう。

謝蕾蕾(シェ・レイレイ)

林嘉珮(リン・ジャーペイ)

3.チームNⅢ公演 篇

チームNⅢは新潟じゃないのかってツッコミ入れる人は読まないでください。気分害されるだけですからw
この日は日本人が、過去最高に来たはずです。昼公演が8人、夜が9人。僕の太陽は上海でもあまり観れてなかったので、好きな曲も多いし、すごく楽しみでした。Jktのは何度も観ましたけど。
6期しかいないので、上海でも観たことないメンバーばかりで、とても新鮮。パフォはまあまだまだですが、速報で上位につけた、蘆静は遠目からみると菊ちゃんぽくて可愛いですね。ハイタッチでみると全く似てないんですがwでも人気はあります。この娘とダンニーがツートップで行くんでしょうか…
ダンニーはハイタッチやばい…広東の瑠璃推しが彼女に推し変したのは偶然ではないw
個人的に気になったのは金魚がのっちのような感じでタイプ。細い左さんは15歳に見えないルックス…ロ●コンにはウケないみたいでしたがw見た目だと蘆静が幼いんですが、実は成人w
瑠璃ちゃんと同じ中国マジックでしたね。
後はフォン・ジャーシー。現場ではフォン・ジャーヘイって広東読みでコール。この娘も広東人ですしね。

さて公演自体は、公演センターがナンシーが努め、G隊の違い、エースとセンターは分業みたいでした。
エースはダブルセンターぽいです。もちろん蘆静とダンニーね。この二人が人気を引っ張ってると感じます。握手対応もいいですし…実際現地でもNⅢのが人気のようです。こういうのはどこでもある傾向ですね。

ダブルセンター蘆静(ルー・ジン)と鄭丹妮(ジェン・ダンニー)。

蘆静(ルー・ジン)

鄭丹妮(ジェン・ダンニー)

4.チームNⅢ握手 篇

日曜日の朝からはN隊の握手でした。仕組みは昨日とおなじ。昨日より多少人多いかな。果たしてこのイベントの趣旨はなんだったのか…
考えうる可能性として、メンバーに挫折とファンのありがたみを教えるため。DDファンを単推しへ促す、もしくはただのバカで、こんなハイコストでもヲタがたくさん来ると思ったwまあおかげで絞りに絞って行った我々はそれなりのメリットも感じてますがw

陳欣妤(チェン・シンユー/ニックネーム:金魚)


ショートカット好きな私には惹かれるメン。台湾人で、日本語得意というプロフみて、日本のファンのため?に突撃しました。私も記憶になかったんですが、彼女のweibo(中国版ツイッター)にコメントしたことあったみたいで、
名前聞かれていったら、weiboのIDで呼ばれたw GNZのメンは結構コメントみてますね…
まあ見られても現場行かないと覚えようがないんですが…
この娘は母子家庭で単身台湾から夢を追いかけてやってきた苦労人ですから、是非夢を実現しお母さんと楽にしてあげて欲しいですね。出来る限りの応援します。

枚数:1枚 評価点:70点
一生懸命さあります。日本語力は…笑

馮嘉希(フォン・ジャーシー/ニックネーム:希仔)


スポーツキャスターが夢で、サッカーが大好きなメンです。マンUのホームスタジアム、オールドトラフォードにも行ったことあるようです。実は私もございますがw
そんなノリでいったんですが、どうもかみ合わない…時間の短さが原因ですかね…
ここのスタッフ無駄に剥がし早い(泣)
結構弄られタイプなんで、いいお姐さんという感じでしょうか。

枚数:1枚 評価点:55点
サッカー好きはシャツきてどうぞ

左婧媛(ズオ・ジンユエン/ニックネーム:左左)


公式写真と違い実物は可愛いです。左姓は二人いますが、細い方ですw
まだ15歳ですから正直期待してませんでした。過去に子供メンには苦戦続きでしたからw
でも、この娘は明るくてよかったですね。会話も出来るし、過疎イベントの中でも、ひっきりなしにヲタが握手しに来てました。現場人気トップレベルかと…
私食べても太らないのって言い切るふてぶてしさはすごいw

枚数:1枚 評価点:60点
映画鑑賞好きだと…ジャンルはわかりませんw

まとめ

サンプルが少ないので、今回はMVP受賞者なしとします。次回の個別では広州メインで回るつもりですから、その際に決めたいと思います。自分で行ってないので評価は控えましたが、Gのペイペイとレイレイ、NⅢの蘆静は行かれた
日本人から話を聞きましたが、みんな喜んで帰って来ましたし、特にレイレイあたりは公演でもレスしたりしてお返しくれたようですから、みんな良かったようです。
ⅩⅡのやってる同じ公演、握手もいったことありますけど、正直必死さが違います。オリジナルメンとしてやるのと、末っ子チームとしてやるのでは全くプレッシャーも異なるし、当然ちゃ当然か。北京は行ったことないし行くこともないでしょうが、同じような意識なんではないかな。

カテゴリー : エンタメ タグ :
SNH48神推しブログ |上海女性アイドルグループSNH48応援サイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP